あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

2008年 09月 07日 ( 1 )

電子的なるものとの付き合い方

甥っ子の誕生日が今月末である。
会うたびに「Rちゃん(私のこと)、ボクの誕生日には何プレゼントしてくれる?」と尋ねられる。
「そうだねー、キッス!」というと、「えー、いらない!」と即効拒否。
当然か。


今朝も電話が来た。
「ボクねー、マリオも欲しいんだけれど・・・」。
「うーん。だってもう別なソフトお母さんに買ってもらうでしょう」
「うん・・・そうだけれど」

甥っ子は最近DSに夢中だ。夏休みの学童保育で「どれかひとつだけおもちゃを家から持ってきていい」と先生が言ったら、甥っ子ともう1人を除く他の男の子はDSを持ってきたらしい。
時々上級生が貸してくれるらしいが、DSを触れたことがなかった甥っ子は上手くできなくて、
すぐ返すらしい。

甥っ子はそれを黙っていた。「家では買えない」とちゃんと分かっていたからだ。

学童の先生からその話を聞いた妹。もちろん買えないが、その話をたまたま勤務先の
上司に話をしたところ、「あ、ボク持っているけれど、使ってないからあげようか」と言われたとか。もらうのは心苦しいし、甥っ子が「自分の物」と思ったらそれこそ歯止めが効かなくなりそうなので、「借りる」ということに。
「使うルールを決め、それをちゃんと守る。守れなかったら返す」という誓約書を付けて。

1回20分というルール。甥っ子はちゃんとタイマーをセットしてやっているが、
どっこい妹がいないとき(実家宅で妹がまだ帰ってこない夕食前など)は、ちょっと時間オーバーしてします。「まぁ、20分は短いよなぁ」とは内心思うが、ルールはルールだ。
母も私も一応指摘する。「ルールを守れないと返す」ことになっているから、甥っ子もしぶしぶ従う。

私が考えているプレゼントは、もちろんDSソフトではない。
甥っ子が興味を持っている恐竜か昆虫の本。
DSソフトだと絶対に甥っ子は喜ぶであろう。でも、これでいいのだ。

対する娘。このところプリキュアにはまっている。
1年も前に近所の方からおさがりでプリキュアの絵がついた未使用の肌着をいただいた。
娘はTVを観ていない。だが、アンパンマンの間のCMで覚えがあったのだろう。
想像でプリキュアごっこをして半年以上。

名前はこれまた近所のお姉ちゃん(幼稚園年長さん)にもらったプリキュアカードで覚えたらしい。先日は友達からプリキュアの「らくがきんちょ」をもらい、さらにプリキュア熱上昇。
関西で撮った写真のポーズはすべて「プリキュアポーズ」だ。
先日初めて実家宅でプリキュアを観た(実家では甥っ子がその前の戦隊ものと
仮面ライダーを見ている)。
CMでは次々と変身グッズなどが出てくる。
「お母さん、私、クリスマスにはサンタさんにプリキュアに変身するのお願いする」とな。

娘の願いがサンタさんに届くようにするべきか否か・・。今、母は揺れている。
[PR]
by peartree22 | 2008-09-07 10:39 | 育児