あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

子供は「大人のいざない」の手が必要ということ 絵本講座から

グリーンコープかごしまが主催する「絵本講座」に出かけた。

講師は熊本市にあるNPO法人子育て支援ワーカーズ・絵本とおはなしの店「ぺぺぺぺらん」から高野和佳子さん。

そのお話の中でよく出てきた言葉が「大人がいざなう」ということ。

「今や子育ての環境が大きく変わり、様々な悲しい事件も増えているけれども、子供の本質は変わっていないと私は思います」と始まった講座。

16年前に絵本とおはなしの店を立ち上げた高野さんは、お店だけでなく学校などにも出張して読み聞かせを続けていらっしゃる。

まずは、はっきりと「電子映像機器の弊害」を述べられた。
電子映像機器とは、テレビ、ビデオ、携帯電話、ゲーム、パソコン、CDなど。
「肉声ではない、一方的なこれらのものはまだ音や映像を選り分けられない赤ちゃんや幼児の脳(特に前頭葉)を破壊してしまうのです」。

「時代の流れだから」「持っていないとお友達から仲間はずれにされるから」そんな理由で親が親の信念を持たずに、むやみに与えていませんか?

「赤ちゃんがおとなしくなるから」と電子映像機器に子守をさせていませんか?
 たとえば母親が赤ちゃんに授乳しながらTVを見ていたり、PCをしていたり、携帯メールしていたりしていませんか? ビデオを長時間見せて家事をしていませんか? 一緒に遊びながらTVがつけっぱなしになっていませんか?
ドキっ

どんなに優れたTVやビデオの教育番組でも一方通行の情報なのです。

携帯電話の着メロや映像を赤ちゃんが大人しくなるからといってむやみに見せていませんか?
携帯電話はおもちゃではありません。

まったくやめてください!とは言いませんが、ゲームなら1日30分以内に。テレビやビデオを2時間見せているなら、1時間にして、その代わり絵本を読んであげてください。一緒に歌を歌ったり、指遊びをしたり、親子で遊んでください。

5年生、6年生、中学生と自分で読める子供こそ、「読み聞かせ」が必要です。
なぜなら読み聞かせは「読む人」「聞く人」「絵本(本)」という3者の関わりがもたされるからです。字を読めることが本を読めるではないのです。他人に読んでもらうことで、脳が解放されてさらに本の奥深くに入り込むことができるのです。

他人を思いやる、「想像力」を育むのが「絵本」

もっと昔話を。もっとわらべ歌を。「古典」(初版から25年経っている絵本を。
「古典」と呼ばれる絵本は地味ですが(最近は派手な絵やアニメのような絵が好まれる傾向にありますが)、子供の想像力を広げる言葉と絵にあふれています。
質の良い絵本を選ぶという「大人のいざない」が必要なのです。
 たとえば「もりのなか」
や「ラチとらいおん」「三匹のやぎのがらがらどん」など。

子供が起きないとき、「早く起きなさい!」と声を荒げる代わりに谷川俊太郎さんの「めのまどあけろ」を唱えて起こしてみてはどうでしょう?

お子さんが気に入った1冊の本を面倒くさがらずに繰り返し読んであげてください。
「今日読んだことが明日分かる」と言うくらい、小さい子供は特に自分の中に取り込むまで時間がかかるのです。

昔話の世界で疑似体験をし、広い世界を知ることができるのです。想像力を育みます。

そのほかにも夏休み前に読むという、平和の絵本「まちんと」も紹介。

大人が子供達に平和な世の中、住みよい世の中を与えるのも大切ですが、本当に必要なのは、子供達が平和で住みよい世の中を、自分達で作る力を与えてあげることではないでしょうか?それが、大人が子供をいざなうということだと思います。

最後のこの言葉が印象的だった。
[PR]
by peartree22 | 2006-06-30 13:17 | 育児

初めてのさくらんぼ

 さくらんぼは一年に一度のぜいたく。今年はアネネにとって、初めてのさくらんぼになる。
きれいな箱詰めは高いので、バラのもので注文した(それでも私にとっては良いお値段なのだけれど。
b0002142_16211451.jpg

b0002142_1621407.jpg

b0002142_174547.jpgb0002142_1752859.jpg
b0002142_1754383.jpg


最初はおそるおそる齧っていたのですが、「おいしー」と食べてくれました。種を取り除くのがちょっとめんどう大変。娘は齧り齧り食べるので、一番食べたのは・・・私でありました(笑)。蒸し暑い鹿児島なのだけれど、さくらんぼが爽やかな風を運んでくれました。
 さくらんぼキスするように食べる吾子 
[PR]
by peartree22 | 2006-06-26 16:18 | 子供と食べ物

正負の法則

「生きやすい生き方」というテーマで美輪明宏さんの講演会があった。
薄い紫のシフォンのようなドレスで登場。いまやトレードマークのようになっている黄金色の髪は染めたのだそう。


 1時間半の予定が2時間となるが、あっという間に感じるほどユーモアあふれる話であった。
戦争を体験したときの話、戦争(悪い軍人)によって日本が持つ世界に誇れる美しい文化が壊されてしまったことなども実体験として迫るものがあった。
 
色々な辛い出来事を社会、家族、親、他人のせいにするのではなく、「これは自分に課せられた修行なんだ」と思い乗り越えること。「これまでも大小さまざまな困難を乗り越えて生きてきたはずでしょ」

美しい文化をもう一度見直し、生活に取り入れること。日本は武力や資源では他国に太刀打ちできない。財産は人で文化・知性です。

子供にも美しい日本語で接すること。「ねーんねーん、ころーりよ」という美しい子守唄がある。幼少の頃歌って眠らせて、そんな幼少期の愛情が必ず大きくなってたとえ少しぐれたとしても思い出すはず。

美輪さんは食生活も和食中心でお肉は週に1回くらいしか口にしないそう。なにしろ舞台をするときは監督から舞台演出からすべてを手がけるわけだから、体力がないとやっていけない。「だって日本人は元々農耕民族なんですよ。草食動物に荒々しいものはいない。だから昔の日本人は心の優しい勤勉な人だったのです」

もっと日本は男性も文化的活動に参加しなくてはいけない。(会場も8割は女性だった)

男性は元々女々しくて弱弱しい生き物なんです。女性は強い。それさえ頭に入れておけば旦那への不満もなくなるはず(笑)。

風水の話なども少し。服はきれいな色を身に着けること。自然界に黒やグレーの花がありますか?日本にはコンクリートうちっぱなしの黒やグレーの建築物が多すぎるのも人々の心が荒れてきた原因では?

とにかくためになる話満載。さっそく朝やイライラするときは、モーツァルトを聴いてます(笑)。
[PR]
by peartree22 | 2006-06-24 16:38 | 育児

知恵熱?そしておっぱい星人に異変が・・・

 大泣きの託児の後、夜寝るときから急に熱を出してしまったアネネ。
床に入るまでものすごく元気(珍しく自分から寝る~とおふとんに寝転がったが)だっただけにびっくり。

託児に鼻たれ小僧くんもいたし、「熱風邪がうつったかなぁ~」と様子を見る。
翌朝も38.5度であるが、テレビを見たり、歌を歌ったりと熱以外は元気なので、病院には連れて行かず。ただこうなるとおっぱいばかり欲しがるアネネ。が、しかし、午後になるとおっぱいの出が悪いのか、ちゅぱちゅぱと吸っては「交替」と右、また同じくちゅぱちゅぱして「交替」と左・・。こうして左、右と繰り返すこと3,4回で諦めたのか、「お茶」。これまではどんなに「おっぱい出ないでしょう、お茶は?」とすすめても口にしなかったのに。

 しかし、その後もおっぱいを要求することは要求し、泣いてしまうことも。

 次の日も熱は下がったり、上がったり。だが、おっぱいだけでなくお茶も飲むように。

 そして、昨朝、ようやく熱が下がり、元気を取り戻し、食欲も回復。おっぱいはまだ欲しがるものの、あきらかに吸いついている時間が減ってきた。
 
 もしかしたら、7月に入ったらおっぱい卒業になるかもしれない!?なんとなくおっぱい星人の異変を感じるのである。
[PR]
by peartree22 | 2006-06-23 23:03 | 育児

ここまで泣けばたいしたもんだ!

 午前中、グリーンコープの新しく会員になった人向け「ウェルカムパーティ」へ行ってきた。10時から12時までで、ランチ付きで託児付き。「気分転換」と来月に一時預かりしてもらう予定があるので、その練習も兼ねて出かけることに。

 会場につくとかなり託児されるお子さんがいた。ちょうど2人のお子さんを連れたお母さんと部屋を探したこともあり、話しが弾む。託児用の部屋へ行くと、娘は察したのか、それまでは廊下を走ったりしていたのに、急に私に「抱っこ」を要求。なかなか離れようとしないので、ちょっと一緒に積み木で遊んで、それに熱中している間に離れる。(もしかしたらそれがよくなかったかも?)

 近くの別室で会が始まって数分後、聞き覚えのある泣き声が。「おかーーーさーーーん、いなーーい」「おかあさん、どこー」「おかーさーん、もーいーかい!」(これにはちょっと笑えた)かなり泣きじゃくっている。しかし、今出て行ってはなおさらマズイと思い我慢する。もしかしたら15分くらいで泣き止むかもしれないし・・・。

30分、あ、ちょっと泣き止んだ?・・・・また泣いた!40分・・・1時間・・・。
これからランチということになって、「泣き止まないので、連れてきてよろしいですか?ランチはお子さんと一緒でも大丈夫ですから」と係りの方に言われる。
たぶん私が行かないと泣き止まないだろうからと、あやしてくださる方のところへ私自身が行く。すぐの広いホールに抱っこされながら泣きじゃくるアネネ。なんと、1人に1人の方がついていらっしゃって感激する。

 娘の顔を見たらちょっとこっちまで涙が出そうになったが、「がんばったねぇ」(「ごめんね」とは言わないようにしようと思っていた)と言うと、「がんばったぁ」とすぐに泣き止んだ。

「お世話かけました」と抱っこしてくださった方にお礼を言うと、
「お母さんが大好きなのねぇ。それが一番よ!」と言ってくださってすごく救われた気分に。
「お母さんを探そうと外に出ようとしたんですけれど、『ここにいないとお迎えにお母さんが来たときに探しちゃうよ』と伝えたら、外へ出ようとしなくなったから、ちゃーーんと大人の言っていること理解できますねぇ」と褒めてもくださった。

アネネもゲンキンなもので、すっかりにこにこ。元気に「ばいばーーーい」「どーもー」と丁寧にお辞儀までして保育士の方とお別れした。

それにしても1時間ぶっ通しで泣くとは、強情芯が強いのか!
親しい人と離れたということが認識されているという成長の証と思おう。

再来週もグリーンコープの絵本についての講演会に参加する予定。次回はどうだろう??
そして、7月末は3時間!お気に入りのミッフィーを持っていかなきゃ。
[PR]
by peartree22 | 2006-06-20 14:06 | 育児

えいや!

このところ、夕飯の支度に取り掛かるのがすごく遅い。
夫の帰宅が遅くなったせいもあるが、娘が昼寝をしている間はPCをしたり(今も)、本を読んだり、新聞読んだり・・・。

で、娘が起きてきたら1時間くらいは私から離れないので、そのままずるずる。

献立もなんだか似たりよったり。いけない、いけない・・・。

昨日はこんな具合。かなり手抜きヘルシーに野菜中心の献立にしてみる。

レンコンとニンジンのキンピラ
ポテトサラダ(卵+紫玉ねぎスライス+マヨネーズ)
バンバンジー(胸肉、蒸したアスパラ、グリルエリンギ)を梅酢みそで。
ご飯、味噌汁

一昨夜切りすぎてあまったキュウリ、乾燥気味だったので「ウリも冬瓜も入れるしね」と味噌汁に入れてみたら、やっぱりそれは煮干の味が沁みこんで、まずかった・・・。夫は「うーん、悪くないけれど、味はしないね」と苦笑いしていたが。

今の自分のだらけた姿を反映しているようでした。
えーーーい、喝じゃ、喝!
[PR]
by peartree22 | 2006-06-15 15:15 | ひとりごと

お気に入りのパンやさん Chanaan(カナン)

おなかはいっぱいなれど、実家へのお土産も兼ねてChanaan(カナン)へ(2番目のaにはアクサンテギューがつきます)。
パン好きの私にとって、お気に入りのパンやさんは欠かせません。

日によってすごく売り切れ状態のときもあるので、どきどきしながら・・・。先客あり!繁盛していると嬉しい気もしますが、食べたいパンが売り切れかも心配という複雑な気持ち・・・。
b0002142_1518225.jpg

どうかな?

今日は珍しく、けっこう残っていました!カフェも誰もいなくて、ひと段落したのかな?
b0002142_1519157.jpg


ショーケースにたっぷりと。生産者の確かな安全な材料を使って作ったパン。オーナーでもあり作り手の方はなんと、中・高時代の同級生でした。同じクラスになったことがないので、面識はありませんでしたが、顔には覚えがあって・・・。サンドイッチなどの卵もえさに抗生物質などを使っていない平飼いのものを使うなど細部まで安心した食材を使っています。

対面式で欲しいパンを選びます。娘はサツマイモフォカッチャとライ麦を使ったベリー入りのミニセーグル、母はピーナッツクリーム(オーガニックピーナッツ使用の自家製)が大好き。クリームは注文したときに詰めてくれます。私は天然酵母で作っているカンパ-ニュやクリームチーズが入っているベリーチーズ、7種類のオーガニックフルーツがはいったセーグル・フリュイ(ワインにぴったり!)が好きです。チーズタルトなどケーキ類も美味しい。ついつい、買い過ぎてしまいますが、添加物が入っていないので、冷凍保存できるパン以外の菓子パン類は翌日でもどうしても味が損なわれてしまいます。欲張ってはいけません。
でも本当はそれが当たり前なんですよね。そんな当たり前のことも気づかせてくれるパン屋さんです。


Chanaan(カナン)
姶良町宮島町32-8
(姶良町役場のすぐ近く)
日曜休み
TEL&FAX:0995-67-0671
[PR]
by peartree22 | 2006-06-03 15:13 | 鹿児島ドライブ

姶良でランチ 桜凱(おうがい)

夫も一緒にドライブがてら実家のある姶良へ。ちょうど行きたかったレストランがあったので、久しぶりのランチ。このところやんちゃぶりに拍車がかかっている娘なのでちょっと恐々ではあったのだけれど。

自宅解放型のレストラン 桜凱(おうがい)。周りは田畑に囲まれた静かなエリア。これといって何もないところなのに(失礼!)、私達が到着したランチにはやや早めの11時20分でも、すでに車が3台ほど止まっていて、人気のほどが伺えます。庭はよく手入れされてあり、入ってすぐの所ではあじさいが出迎えてくれました。
b0002142_13422655.jpg


室内は天然の木で作られたテーブルが5つほど。メニューは本日のランチ(1100円)とカレーです。カフェタイムもあります。子供用のいすは特別なかったので、車の中から布製のレジャーシートを重ねて敷いてみたらちょうどよい高さに。私達の座った席からは畑が見えます。
b0002142_14232527.jpg


私達は桜凱ランチを注文
[PR]
by peartree22 | 2006-06-03 13:33 | 鹿児島ドライブ