あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

口当たりしっとりのガトーショコラ

 戸棚の奥で眠っていた期限切れの製菓用チョコレート。普段作るフィリップのガトーショコラはちょっと重いし、チョコレートも200gには足りない。そこで、今回はcafeglobeで連載されているマテスク里佐さんの「バスクの砂糖壷」のレシピで作ることにしました。
 フランスバスク地方に住む里佐さんのこの連載は、単なるお菓子作りのレシピサイトではなく、バスク地方の季節感たっぷりで、「料理はやっぱりその土地から生まれるものなのだ」としみじみしたり、おばあさまとの交流から「伝承」ということの大切さなどいろんなことを教えてもらえる。
 里佐さんのレシピはフランス人のおばあさまのレシピと同じ配合で作り方を変えたというもの。
b0002142_17182764.jpg
配合は同じでも作り方を変えるだけで、食感が違うケーキができるというのが新発見!残念ながら私のオーブンでは設定温度が少々高すぎたので周囲がちょっとカリカリになってしまいましたが(カリカリ好きの私には充分OK)、ふんわり優しい口当たりのガトーショコラができあがり大満足!優しい口当たりなので、一度にたくさん食べられるのが問題ですが・・(笑)
 実は夫は「やっぱり”どっしり”の方が好み」と言うので、次回はおばあさまのレシピで作るつもり。
[PR]
by peartree22 | 2006-04-24 17:05 | 手作りSweets

グレイス甲州2004に合う料理は!? みそVsしょうゆVs洋風

 久しぶりにワインと料理の組み合わせを楽しむ夕食にしてみました。

b0002142_15323344.jpgグレイス甲州を選んだのはmimiさんのブログつまみの女王がきっかけ。mimiさんはCA在住中からカリフォルニアワインのHPを作っているのですが、帰国してからもたびたびワイナリーに足を運んだり、メルマガを発行したりと日本に帰国されてからもさらにパワーアップしてCAワインに情熱を注いでいる女性です。最近では日本のワインにもエールを送っています。
 
 さて、久しぶりにちょっとまじめにワインテイスティング。色は透明感のあるちょっと冷やしすぎだったのですが、最初はグレープフルーツのようなすっきりとした柑橘の香りが主。味わいは最初すっきりとした酸味。ややフィニッシュに苦味(といっても強くはない)。余韻を楽しむにはやや物足りなさを感じますが、料理と一緒に楽しむならバッチリ!料理を邪魔しないワインだろうなぁと期待が高まります。スイすうっと飲めるのです。これまでは日本産の白ワインというと「甘ったるい」と思っていたのが、ガラリと覆されました。これから暑くなったらますますいいんじゃないかなぁ。ややワインの温度が上がってきた方が甘みも香りも膨らんで、私には美味しく感じられました。 

b0002142_1605243.jpg

 さて、用意した料理は4品。
●新ジャガイモのグラタン
●青梗菜と新玉ねぎと豚肉の味噌炒め
●帆立のグリル(醤油味)
●ひじき煮(醤油味)。

和食に合うということだったので、最初は直球で肉じゃがをメーンにしようと思っていたのですが、それだと品数が減ってしまうので(笑)、ジャガイモは単品で洋風に。その方がいろんな味と比べられることになったので、結果オーライでした。
ジャガイモのグラタンはベシャメルソースではなく、薄く切ったジャガイモを牛乳で浸してチーズと重ねて焼くというフランスのレシピで。本当は生クリームを使うのですが、生クリームがなかったので牛乳のみで。時間短縮のため一度別鍋で牛乳でジャガイモを煮てからオーブンで焼きました。

欲を言えば、グリルしただけのシンプルな野菜料理も用意したら良かったと思いました。 

甲州とのベストマッチは・・・
[PR]
by peartree22 | 2006-04-21 10:30 | 酒と食

ジュウスィィィィ!でめちゃうまな紅茶豚

煮豚、焼き豚はよく作る我が家。lovetokyoandusaさんの簡単「紅茶豚」を見てから、肩ロースがグリーンコープに登場するのを待っていた。そして作りました。

b0002142_14402269.jpg

焼き目をつけようと軽く焼いてから煮たのですが、紅茶できれいな色が付くので、焼かなくても良かったみたい(笑)。鍋はシャトルシェフで作ってみました。

ほんと、むっちゃくちゃジューシーで、柔らかーーーい!(出来上がりはちょっとばたばたして写真が取れなかったのですが)今まで色んな方法で作ってみたけれど、今回が一番。浸ける調味料もお酢が入るのでとっても爽やか、しかも味付けが濃くなく、かといって味が薄すぎず、ほんとうにちょうどよい塩梅なのです。
漬け汁は使用後はもったいないのでゆで卵を浸けておいてお弁当に。残りはみじん切りにしたニンニクと生姜、ネギを追加して瓶に入れ、冷蔵庫で保存しちゃいました。ラーメンにちょこっと入れたり、焼き飯にするとGoodです。

私「Hiroさんに教えてもらったの」
夫「Hiroさんの料理って毎回ホームランだねぇ(以前のバクダンナスも)」

そして、次のお昼。今まで肉を食べなかった娘が欲しそうにしていたのであげたら、ぱくぱく
「おいしぃ~!」。

Hiroさん、Thanksです!
[PR]
by peartree22 | 2006-04-19 20:36 | ほっとけぶりクッキング

台所用品 覚書1:鍋編

お友達のこっぺさんが、調理器具について書いていたのに触発されて、書き出してみたら、けっこう使っているもの、使っていないもの、これからもっと使わなくちゃなどと整理になったので、自分のブログでやってみることに。

まずは、鍋類から。会津から引越しするときに傷んだものは処分。レンジの下に納まるほど、ずいぶんすっきりした。
b0002142_842785.jpg<鍋>
★シャトルシェフ:大学時代に購入。しばらく眠っていたが、娘が生まれてからは時間節約のために煮込み料理で使い出したら、手間ナシ、美味しくできる、しかもローエネルギーといいことづくめ。前回のロールキャベツ、大正解!柔らかくとろとろの仕上がり。

★ル・クルーゼ オーバル(31cm・)・・・日本のキッチンにはで、でかいよ。ほんと。でもおでんの時には重宝。本当は魚を丸ごと使うアクアパッツアァなどを作りたいと購入したのだが、一度しか作っておらず。

★ビタクラフト(24㎝)・・・煮込み料理をシャトルシェフに奪われてしまい、現在は主にパスタを茹でるくらいにしか使用していないのが判明。

★片手鍋(20cm)・・・(写真↓の左から3番目)アメリカで夫が1人暮らし中に友人から譲ってもらう。野菜をゆでる、芋類を蒸す、1人分のパスタを茹でる、和風のひじき煮や魚を煮たりと、我が家で一番活躍している。

★ティファール・ソースパン・・・。アメリカでセットで購入した中での唯一の生き残り品。朝食用のスープ、サラダのジャガイモを茹でるのに重宝。

★中片手鍋・・・主に蒸篭を使うときに下で使用。

★アルミ鍋・・・・味噌汁専用。

b0002142_13355100.jpg<フライパン・グリル用>
★鉄18㎝(写真一番左)・・・小学4年生のときに「クレープ用」として初めて買ってもらった思い出の品。一人暮らしするようになってからは目玉焼き、卵焼き、1人分の焼き物に使用。現在は夫の弁当用としても活躍。軽いし、手入れも簡単で、長年使っているので、もう少し大きいサイズも購入しようか検討中。

★グリルパン(写真左から2番目)・・・IKEAで購入。安かったが、テフロンでこびりついても洗うのが楽。野菜のグリルや肉を焼く以外に、ホットサンドにも使用。

★ビタクラフト(24㎝)・・・・テフロンのフライパン(ティファール)があったころは眠っていたが、ティファールを廃棄してからは(テフロンが剥げてしまったため)フライパンの大きいのは我が家ではこれひとつ。中華、イタリアンと現在はフル活動。肉などはとても柔らかくジューシーに焼ける。洗うのもすぐに汚れが落ちる。が、縁が垂直なので、お好み焼きやオムレツ餃子をひっくり返すときに、手が当たってしまいヤケドしてしまうのが難点。

★南部鉄すき焼き用鍋(四角)・・・すき焼きをしない我が家では眠っていたが、最近餃子をこれで焼いてみたら、ビタクラフトより美味しくできたので、復活。ハンバーグなどにも使用。

こうして書き出してみると、やっぱりこれ以上増やすことはできないなぁと反省も。今ある道具をちゃんと使うのが大切かも!と、思いつつも・・・

欲しいものをリストアップすると・・・
[PR]
by peartree22 | 2006-04-17 16:59 | 台所用品フェチ

スポンジケーキ熱、めらめら

「金曜日の方がゆっくりできるから」ということで、夫の誕生日ディナーは14日に。

心配だった娘のご機嫌も良く、ぐずらずにいてくれたおかげで、スムーズに準備は運んだ。
 
 メニューは、
前菜:地鶏の刺身(市販品)、エリンギのカマンベールチーズ焼き(これはとっても簡単で美味しい!)
メイン:ロールキャベツ(夫のリクエスト)
デザート:苺と桃のスポンジケーキ(リクエスト)
b0002142_7445632.jpg
b0002142_7451993.jpg
b0002142_7453065.jpg


さて、久しぶりのスポンジケーキは午前中にケーキを焼き、飾りつけは夕方に。

できあがりは・・・?
[PR]
by peartree22 | 2006-04-14 17:23 | 晩ごはん

ハッパーユーユ

今日は大好きなダディのハッパーユーユです。

朝から断水だったので、時間つぶしもかねて1時間のドライブ!と鹿児島市まで行くことにしました。「ダディのプレゼントを買おうね!」とかあちゃんは言いました。

デパートに着きました。大きなデパートに久しぶりに行ったので、緊張して最初はちょっと怖かったです。だからベビーカーに乗っておとなしくしていました。
最初に行ったのは、「婦人服売り場」でした。あれ?
かあちゃんは久しぶりの洋服やさんにうきうきしているみたいでした。
ビーズのきらきらしたお洋服やきれいなスカート、夏の籐のバッグなどあって
なんでも「イタリア」という国のお洋服みたいでした。
かあちゃんは昔から「イタリア」が好きみたいです。
売り場のお姉さんのスカートがとってもきれいで、「きれい」と言ったら
お姉さんがにこにこしくれてうれしくなりました。
かあちゃんは最初はニットだけ買うつもりでしたが、一緒に合わせたパンツも気に入って、「どうしようかなぁ」なんて言ってましたが、「えいっ」と買ってしまいました。
「前に来たときは私のは買わなかったからいいよね」なんてぶつぶつ言ってました。
けっこう高かったみたいです。

次は私のを見に行きましたが、今は汚したりする遊びが多いし、「いいなぁ」と思ったのは高すぎたので「セールまで待っちゃおう」とかあちゃんは買うのをやめました。それは6800円くらいのでした。さっきかあちゃんの買ったのより安かったです。

次はダディのを見に行きましたが、「ダディは自分で着てみないと納得しないのよねぇ」と、良さそうなのだけチェックしただけでやっぱり買いませんでした。
もうひとつあるデパートに行ってみましたが、「さっき買ったからもう見ないことにしましょう」と大好きなMのお店の前は素通りして、子供服売り場へ行きました。
あまりここには種類がなかったです。私は遊び場でブロックとボウルで遊びました。

最後に地下に行きました。大好きな「あかちゃんせんべい」を買ってもらいました。チーズも買いました。お母さんは手巻き寿司を買って、帰りに峠のところで車を止めて食べました。
私はきゅうり巻を食べました。きゅうりが美味しかったです。

かあちゃんは「往復で2時間だけれど、けっこう楽しかったね」と言いました。
「ダディにどう説明しようかなぁ」とお洋服をクローゼットにしまいながらぶつぶつ言っていました。
[PR]
by peartree22 | 2006-04-13 18:49 | ひとりごと

芋羊羹

義母からたくさんサツマイモをもらったので、羊羹にしてみました。
つぶすのは、バーミックスを使ったら簡単で、楽チン!
b0002142_1895042.jpg

芋700グラム(皮を剥いた後の重さ)を茹でてつぶし、寒天4gとカップ1の水を沸騰させた中でキビ砂糖240gを溶かしたものと混ぜて型に流すだけ。冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。砂糖は甘いかなぁと思ったのですが、作ってみたらちょうどよい甘さ(甘党の人には物足りないかも)。

色々参考にしたレシピはどれも裏ごししていなかったので、そのままにしましたが(皮つきのものもあり)、もしお客様に出すのなら裏ごしした方がよいかなぁと。やはりときどき筋が出てくるので。

サツマイモは叔父が育てている種子島芋。とても貴重なものらしくそのままでも甘かったので、娘はつぶしただけのものを「イモー、イモーもいっかい、おかーりー」とご機嫌に食べてくれました。
[PR]
by peartree22 | 2006-04-11 17:59 | ゆるゆるマクロビ

アメリカ恋しや、ほーれ、ほ

時々夫に質問する。
「アメリカに行ったら食べたいもの(または食べたいレストラン)3つは何?」

二人の意見が一致したのは・・・・
[PR]
by peartree22 | 2006-04-09 16:26 | べろの記憶

1歳8ヶ月に

b0002142_16204253.jpg

こうして後姿を見るとまだ1歳なのに、「なんと大きくなったことよ・・・」と誇らしくなる親バカ。
昨日は「ちっ、ち」と言ってトイレでちゃんとできたり、今朝は「ぐちゅぐちゅううう、ぺ」と歯磨きの後のうがいができたり、うれしいこと続き。子供の成長・吸収力の速さに驚く。

このところ語彙も増えた。
歌を歌うときに語尾だけをなぞらえていたのが、昨日は「NHKの番組「いないいないばぁ」を見ながらほぼ完璧に「さいたー、さいたー」と歌えていた。

最近ようやく私のことを「かあちゃん」または「り○」と夫の呼び方の影響から名前で呼ぶように。「○かぁ、おいで、おいで」と呼ばれ、行ってみると「あけて」とカメラやビデオカメラが入っている引き出しを開けてくれとの催促だったりする。

もちろん、やんちゃぶり、怪獣ぶりはさらに度を増している。

自分でなんでもやりたがる。たとえば、洋服を着る。ズボンの足は入れられるようになったが、上着を着るのはまだまだ。するといらだって「馬鹿!」「嫌だ!」と誰に似たのかすぐにヒステリックに。「馬鹿」なんて悪い言葉をいつのまにやら仕入れてしまったのもとほほ・・・。
(仕入先はふぅ)
ズボンだけは履けるものだから、1着履いて、またその上からズボンを履き、なぜだか次に手を出すのはオムツだったり・・・・。そして「無理だよ」と言うと「嫌だぁ」とわめく・・・あぁ。

b0002142_16204214.jpg

まぁ、されどまだまだ1歳。あまり小さいことにこだわらずに、おがたまの木のように空の高いところから見守りたいと思うのであるが、それがなかなか・・・・・・・・。

今日も帰ってきてお昼ね前になんと1時間近くおっぱいをちゅっぱちゅっぱ!
途中「やめようね」と言うと「嫌だぁ」と大泣き。30分経過「いい加減にしないと、痛いよぉ」と
イライラする私に、「めんね、めんね(ごめんね、の意味)。
くぅぅぅ。なぜにこんなにおっぱい好きなのか。頻繁に欲しがるので、時々「駄目!」と言うからなおさら執着してしまうのか。おおおおい、いい加減卒業してくれい。
[PR]
by peartree22 | 2006-04-07 16:20 | 育児