あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

落ち着かないクリスマス

クリスマスもあっという間に終りました。
こーせーくんがラムチョップを焼いてくれて、私がパンプキンスープ(我が家のクリスマスの定番)、グリーンサラダ(今日はブルーチーズがなかったのでカマンベールにりんご)を作りました。今日はまずグリルパンでラムの表面を焼き、続いて250度のオーブンで20分、220度に火を落としてホイルに包んで15分焼きました。味付けは塩・こしょうのみ。ラムはほぼ火が通ってしまったけれど、蒸し焼きにしたためか、柔らかくて美味しかったです。ただし、下に敷いた玉ねぎとニンジンはラムの油をすってしまい食べるのをやめました。
いざ食べようと乾杯をした直後にだんなに本社から電話。
30分くらい話をしてました。「おいおい、クリスマスイブの日にかけてくるなよ。明日では(明日も仕事です)だめなんかい」とつっこみを入れたくなりました。
ものすごく緊急な話なのかなぁ?と思ったらそうでもなかったみたい・・・。
お腹はすくし、スープは冷めるしでちょっとぶーーーという気持ちに。

さて、デザートのケーキは結局アニューで注文。冷凍のものだったので、やはりスポンジがややぱさついてました。ま、でも今回はよしとしようということに。「やっぱり私のが美味しいね」とだんなが言ってくれたので、ちょいとうれしかったりして。

しかし、その後、こーせーくんは知り合いの方の呼び出しがあり、10時過ぎから出かけました。お世話になっている方だったので、断れず、私も「久しぶりだし行って来なよ」と言って送り出したものの、本心は「えーーー。断ろうと思えば断れるのになぁ」。
その後、私のそんな心を察してか、ありちゃんがぐずりだして困りました。でも今日の私は吾ながら偉い!と褒めてやりたいくらいにいらいらせずにありちゃんを抱っこして歌を歌ったりなるべく楽しく過ごすように。(明日、帰れるからか)そうしたら40分くらいしたらありちゃんは眠ってくれて、ほっ。
寝顔を見ていたらちょっと幸せな気分に。
b0002142_1536583.jpg

まぁ、よしとしよう。
[PR]
by peartree22 | 2004-12-24 23:24 | ひとりごと

シュトレーン

俳句仲間のこけしさんがシュトレーンを作って送ってくださった。
b0002142_10322287.jpg
こけしさんは某パン作り研究家の方のアシスタントをしていらっしゃる。
シュトレーンはドイツのクリスマスケーキ(パン)。
形はキリストが生まれたゆりかごを意味していて、粉砂糖は雪。
薄くスライスしてクリスマスまでに一切れづつ食べるそう。

実は、私は大のシュトレーン好き。ドライフルーツぎっしりのパウンドケーキはどちらかというと苦手なのだが、シュトレーンはぐじゅぐじゅしていないし、うすーくスライスして食べるのが甘いのが苦手な私にぴったりなのかもしれない。それより、やはりクリスマスまでに一切れづつというストーリーが魅力的なのか。

今年はオイシックス人気店・「リスドォル・ミツ」のシュトレーンを買っていたのだが、「クリスマスまでに一日一切れ」どころか「1回3切れ」くらい食べてしまう私。食べたいときにもちょっと我慢していたのだ(笑)。

しかも、今回は手作り。シュトレーンはとても作るのが大変なお菓子なので、私とありちゃんのために作ってくださったとなれば感激もひとしお。
母も好きなので、これは実家で楽しもうと思っている。

シュトレーン幸せの重さ聖夜祭     梨花
[PR]
by peartree22 | 2004-12-22 09:58 | 手作りSweets

今回は大量作成!万能和風だれby村田さん

26日実家に戻ってからしばらく滞在することになるので、いつもより倍の万能和風だれを作ることに。これは、今日の料理で紹介していたもの。我が家ではこれを夫が大好きなそばつゆからうどん、おでん、鶏のチャーシュー、チャーハン、青菜の和え物など、いろんな料理に使っている。昆布とカツオブシが大量に出たものは、今が旬の大根の葉っぱとむいた後の皮を使って「ご飯の友」にしている。
b0002142_11451361.jpg

下の分量(ふだん)の倍の分量で作ったので、いつもの鍋がたっぷたっぷ!

万能和風だれ(作りやすい量)
材料:
しょうゆ・酒それぞれ1・1/2カップ、みりん1カップ、昆布10g、かつおぶし20g

作り方:
1、材料すべてを鍋に入れて火にかけ、ふつふつ湧いてきたら弱火にして10分くらい、汁が3分の2量になるまで煮詰める。
2、火からおろして冷まし、キッチンタオルなどでこして昆布とかつおぶしを取り除き瓶などの保存容器に入れる。冷蔵庫で3ヶ月は保存可能。

b0002142_11454416.jpg
以前作ったときの(下の分量)できる量はこのくらい。
手前が「ちゃん・りー流"大根葉と皮で作る”ご飯の友”」(小さめの皿に盛り付けてますが、これもタッパーに大量に作れます)
[PR]
by peartree22 | 2004-12-16 11:33 | ちゃちゃちゃCooking

ヴィバ、日本!

こーせーくんの大学の会津会は毎月行われている(いわゆる無尽)。12月は忙しいのでいつもは行われないのだが、今年は特別に「そばの会をするので、家族も連れてきてください」ということになり、Wさんのお宅に、おじゃました。

Wさん、元味噌やさんで、現在は廃業されているが、味噌蔵や倉庫を合わせて一軒の家に改築している。
元倉庫だったという部屋は板張りにされ、囲炉裏を設置。床暖房で、天井は煙を出すために高く、梁には明治34年の文字が・・・。なるべく残せるものは残すという作りで、蔵の石の扉なども部屋に残っているのだ。
囲炉裏の部屋にはスキーの指導員の資格をもっていらっしゃるWさんの初めてはいた竹から息子さんの大回転用まで歴代のスキー板が飾られ、さしずめギャラリーのよう。かっこいい。「これが初めてカーボンが出たころでねぇ・・・」なんて、スキー初心者の私には珍しい話ばかり。
古きよき日本を思い出させてくれる梁やふすまや小物などを眺めるだけで、ほっこりしてくる。大げさだけれど、日本人に生まれてよかったと思う瞬間である。

その囲炉裏では、田楽や海老、しいたけなどが竹にさされて焼かれている。
奥さんの手料理の干し大根の煮たものや会津名産山菜煮、そして今は高級魚となっている正真正銘北海道産のししゃも!生のししゃもを焼いたものなんて、初めて食べました。脂が程よく乗っていて、しかも身はふっくら。
そして、隣の部屋ではそば名産地・山都で修行したという先生によるそばが次々と打たれて出るわ、出るわ。大根おろしで食べる高遠そば。もちろん卓の上にはこーせーくんの大学の先輩方の名だたる日本酒が並んでいるのです・・・。「あぁ、アルコールが飲めないのが残念でならない!」と久しぶりに思う。

ありちゃん、とーってもおりこうさんで、Wさんのお孫さんのHくんがいたこともあってか、始終にこにこ愛想振りまいてくれました。
[PR]
by peartree22 | 2004-12-15 23:14 | 会津の思い出

年賀状、今年こそは24日までに

これまで、30日、31日とギリギリに年賀状を出すこと多し。
今年は26日に実家に帰るので、やらねばならなくなりました。

b0002142_16551548.jpg
結局パソコンで作ることに。シンプルを目指すものの、ついつい写真枚数が増えてしまったり、また一枚に戻したり・・・。もちろん主役はありちゃんですが、「子供だけの写真は誰から来たのか分からない」という『はなまるマーケット』のアドバイスを受けて、家族写真も撮る。しかし、なんだか自然じゃないなぁ・・・。

あぁ、イラストが描けたら・・・、やっぱデザインがいまいちと
堂々巡りで時間だけが過ぎていくぅぅぅ。

写真は入れようか入れまいか迷っているひとつ。もうすっかり首が据わりました。
[PR]
by peartree22 | 2004-12-14 16:44 | 育児

洗濯籠、壊してしまいました

はい、理由は私のヒステリーです。

ありちゃんのほっぺがじくじくしていて、イライラ1。
こーせーくんからの「お昼いらない」コールが1時でイライラ3。
(予想はしていたのだけれど・・)
ネクタイが開かずの間になりつつある和室にぺろんと脱ぎ捨てられていてイライラ6
いつまでたってもたまった新聞をゴミ捨て場に持っていってくれないことに、イライラ9
そのイライラがありちゃんに伝わったのか、ぐずって泣いてしまったので抱っこしていたら、お昼に作ったかれーうどんがのびて汁がなくなって・・・・
で、ありちゃんを抱いたまま、加湿器を作動させようとしたら、そばにかけてあったありちゃんの洗濯物がぽとん・・と落ちた瞬間に・・・・なぜか、イライラ頂点

で、泣くありちゃんをふとんに寝かせ(さらに泣く)、そばにあった洗濯籠を玄関のドアに向かって投げてしまいました・・・・。

ありちゃんに恐怖心を植え付けてしまったのではないかと、後悔です。

そんなイライラを帰宅したこーせーくんに打ち明けたところ、「年末実家に帰ろう!」ということになりました。ちゃん、ちゃん。


b0002142_17201129.jpg

顔がかさかさなので、朝起きたら赤ちゃん用スキンケア水でパックしてまーす
[PR]
by peartree22 | 2004-12-08 17:08 | 育児

だんながいない夕飯は

我が家ではお好み焼きが多いのです。お好み焼きは半分関西人気質の私には欠かせない食べ物です。なにしろ、子供の頃からお好み焼きは、わが実家では「今日はなんだか疲れているねぇ・・・・そうだ、お好み焼きにしよう!」だったのですから。
b0002142_16411477.jpg


というわけで、本日はお好み焼き。
具はベーコン(豚バラがなかったので)、コーン、キャベツ、桜海老、ネギ、チーズ。
必ずチーズを入れてしまいます。
そして、もちろんご飯も食べます。淡水化物ばっかじゃん!
[PR]
by peartree22 | 2004-12-07 16:36 | 晩ごはん

クリスマスがやってくる

b0002142_11421830.jpg
今年はまだ歩かないありちゃんなので、ツリーを飾ることに。
後ろの床置きヒーターは使っていないので、布をかけてその上には靴下を下げました。
偶然にもアメリカで買った靴下は赤が2つ、緑が1つ。まるで女の子の誕生を予言していたかのよう・・・。

本当ならテーマを毎年決めて、違う雰囲気のものにしたいのですが、結局アメリカで買ったオーナメントをごちゃごちゃと飾ることに。まぁ、いずれも思い入れがあるので、いいか。
いつかまたクリスマスシーズンに行って、買い足したいです。
リボンなどを変えるだけでも違うのだろうなぁと思ったのですが、1巻2000円以上もしたので、断念しました。

オーナメントは私はシルバーや白などシンプルなオーナメントが好きで、だんなは"シンプルは寒い感じ。色とりどりが”にぎやかで明るくっていい”と・・・。
で、ツリーはひとつなので、こんな感じです。
ただ、ありちゃんにとってはやはり赤や緑や青などはっきりした色があったほうが楽しいみたい。目を丸くして何か話しかけていました。よかった、よかった。

b0002142_1145312.jpgこの羽毛のふわふわオーナメントはお気に入り。メーシーズのセールでゲット

b0002142_1146738.jpg
ガラス球は何個か割ってしまったけれど・・・。
[PR]
by peartree22 | 2004-12-05 11:38 | 育児

和ラスク届く

b0002142_11373483.jpg


火曜日の夕方である。東京に住む幼馴染のR嬢からTEL
R嬢「今、二子玉にいるんだけれど、和楽紅屋"興味あるんじゃないかと思って」。
私「ありますとも!!!」
R「もう夕方だから、生菓子はすべて売り切れなんだけれど、送ろうか?和ラスク」
私「おねがいしまーーーーす!」

というわけで、本日届きました。和ラスク。
和楽紅屋が二子玉川高島屋にオープンしたと聞いてからからずっと気になっていたのです。このお店はモンサンクレールの辻口博啓さんがプロデュースする和菓子やさん。

辻口さんを最初に見たのは料理の鉄人で(勝負に勝った)、その後すぐに東京のお店に妹と行き、数種類のケーキを食べて美味しかったので注目していました。さらに、数年前の雑誌の記事で、「数々の賞を取っていますが・・・」という質問に対し、
「最近は"努力する”というとかっこわるいという風潮がありますが、僕は努力はおしみません」と話していたことから、彼の"職人魂”のようなものを感じて注目していました。
”職人”に弱い私・・・。

さて、肝心の和ラスクの味ですが、私が美味しいと思ったのは、しょうゆ、ココナッツがダントツ。黒糖は苦味がちょっととんがってしまったかな?桜海老は私が魚臭いのが苦手なので、ちょっと・・・という感じでした。桜海老の風味が生かされているといえばそうなのかも。

まだイチゴ、味噌などは食べていませんが、ふだんのラスクのようにボリボリ食べてしまえないところがやっぱり私は小庶民だなぁと思ってしまいました。

ちなみに詰め合わせの内容は、
15枚入り2100円(税込み):プレーン1、ゴマ1、味噌1、しょうゆ1、アイヨリ唐辛子1、きなこ1、いちご1、桜海老1、ゆず1、黒糖1、ココナッツ1、栗見レーズン1

店では一枚から買えるよう。最中も食べてみたい・・。やはり一度店に足を運ばねば。

パッケージはこんな感じb0002142_1138184.jpg
[PR]
by peartree22 | 2004-12-04 18:32 | 取り寄せ

夜中にひとりぶつぶつぶつ

風邪がまだ治りきらないこーせーくん、本日も私たちとは離れた和室でおやすみ。
11時には寝てくれたありちゃん、ほっとしたのもつかの間。
むずむず、ごそごそ・・ざりざりざりぃぃぃぃ(ミトンをしているので、がりがりにはならず)
目の上がいつもかゆくなるらしい。

時計の針は2時10分。3時間は眠ったなぁ。
とんとんとんと胸をたたいてみるが(そうすると落ち着いて寝てくれる場合も)、
ウエーーーんと泣きだす。自分で掻いて痛くなる場合もあるのだ。

おっぱいを含ませるに限る。食欲がかゆいのを抑えてくれるらしい。
で、おむつがびっしょりなので交換しようと、おむつを脱がす。

ここまでは、よかった。

最近、新しいオムツをはめるのがすこぶる嫌なありちゃん。
きっと開放感があるのだろう。体をそらしたり、そのうちまたイライラするのか
顔を掻きだす。そして、そうこうしている間に、じゃーーーーーー!
大量のおしっこをしてしまった・・・・。
まぁ、防水のシートを下に敷いていたのでふとんは濡れずにすんで、ほっ。
が、これまで奮闘していたのもあり、ぷちっと私はきれてしまった。

「えーーーい、もうオムツをはめないぞぉ。おしっこまみれになっちゃえ!」
「気が済むまで掻き毟ってごらん!」

鬼ばばぁである。物心付かない娘になんてこと!

とりあえず、おむつをはめて、ぬれたシーツを洗いに洗面所へ。
ありちゃんまだ顔を掻きながら泣いている。
が、1分もせぬうちに、泣き止みすーすーと寝息を立てているではないか・・・。

いつも夜中にこうして泣いて掻くと、手を押さえてだっこしてあやすが、
「こうしてほっておいてもいいのかなぁ?」
「神経質に今までなりすぎていたかなぁ?」と
ちょっと冷静になれた。
そういえば、甥っ子ふうが全身アトピーのときに、妹は先生に「掻き毟って亡くなった例はないですから、掻いちゃだめとか言わないほうがいいですよ。かえってかゆく感じますから」と極端であるが、言われてけっこう安心したとか。

すやすやとまだ眠っているありちゃん、眠りながらにこっと笑顔。
ううううう、まだまだ修行が足りぬ母である。
b0002142_17272535.jpg

[PR]
by peartree22 | 2004-12-03 17:26 | ひとりごと