あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

開かずの間、開く

来週の土曜日、義母がやってくることになった。
物置状態になりつつある和室を片付けるべく、押入れの衣類を整理することに。
1Fにあるクローゼットに置いてあるスーツケースの中にはしばらくは着ないスキーウエアやKimiさんの作業服を入れているのだが、これもチェックして「捨てるものは捨ててしまおう!」と一念発起。
と・こ・ろが、開けてみてびっくり!まだほんの少しだけなのだが、か、か、かびがぁ!!!

ベランダに運び出し、さっそくこーせーくんといらないもの、とっておきたいものを仕分けする。スキーウエアは、私がOL時代に先輩にもらったものだったので、もったいないお化けが出るかもしれないが、えいやと捨てる袋へ。今年は行かないだろうし、今のスキーウエアってとーっても軽い感じなんだよね。取っておいた(そんなもの取っておくのもどうか・・・とこーせーくん呆れ顔)リフト券やリフト券を入れる腕にはめるやつ(なんていうんだろう?)、やたら関西っぽくはでなウエストポーチなどもえいやと「捨てる袋」へ。

そうそう、もっとも捨てなければならないものは、炊飯器やプリンターや携帯電話のダンボール箱なのであった・・・・。

はぁ~。疲れた。
晩御飯はb0002142_944267.jpg
水菜のサラダ・ソノマ風(ブルーチーズと洋ナシ、ナッツを入れて、オリーブオイル+レモン+白ワインビネガーのドレッシングで)
豚ヒレ肉のオニオン黒酢あんかけ
b0002142_971894.jpg
[PR]
by peartree22 | 2004-10-31 14:53 | 晩ごはん

ハロウィーンの思い出

昨夜10年日記を書いていたら、2001年の明日の日付のところにぱんなさん宅でのハロウィーンパーティのことが書いてあった。
そっかー。あの日はジャック・お・ランタンをみんなで作って、子供たちはお菓子の詰まったクス玉割りに歓喜して、子供たちの歌があって、大人たちはワイン飲んで・・・。つくづくぱんなさんっておもてなし上手だってこーせーくんと共に感動したっけなぁ。Hiroさんとも初めてそこで出会った。大切な大切な思い出。いつかありちゃんにも楽しいハロウィーンパーティを体験させてあげたいな。
b0002142_1848713.jpg

b0002142_18483438.jpg

[PR]
by peartree22 | 2004-10-28 18:37 | ひとりごと

ラブリー食べたらばあちゃんを思い出した

こーせーくんのお土産は、ラブリーでした。
b0002142_18181034.jpg

ラブリーとは鹿児島のお土産売りあげナンバー3に入る新しいお菓子で、冷たいスイートポテトなのですが、これがだいぶ前から人気で、今では地元鹿児島空港以外にも羽田や大阪、福岡でも売っています。小さめサイズもうれしい(といっても2個はぺろりですが)。東京の大丸東京店地下一階でも売っているとか。余談ですが、会社へのお土産はHiroさんのところで話題になっていた陣太鼓でした(笑)。

ラブリーは鹿児島県の鹿屋市(かのや・し)というところにUターンしてきた方が、「地元の唐芋(サツマイモね)を使って、地元の人で作って」と田舎である鹿屋を盛り上げようと作った会社が作っているお菓子です。鹿屋は今でこそ、オリンピックで金メダルを取った柴田亜衣さんによってその名が全国に知れましたが、市とはいえ、ものすごーーーく田舎です。私の母の実家があるので、現在の変りようにはびっくりです。田舎のお菓子なのですが、けっこう洗練されていて、お薦めです。鹿屋は火山灰大地で昔はサツマイモしか作物が作れないという貧しい土地だったのです。今では焼酎ブームもあり、サツマイモは金のなる作物になっちゃいましたけれど・・・。

そういえば、今サツマイモが東京の百貨店などでブームなんですってね。
安納いもや紫芋、小金せんがんあれこれ・・・。

唐芋(サツマイモ)といえば、ばあちゃんの家に遊びに行ったらよくサツマイモがふかしてあった。ばあちゃんち(”ち”とは鹿児島弁で家のこと)の畑で育った唐芋は蜜がたっぷり皮にあふれ出ていたっけ。しかも、紫やだいだいや黄色や白と色とりどりだったので、選ぶのが楽しかった。ねっとりしているオレンジのがお気に入りで、まだ小さいころは皮の色で判断できなかったので、くじ引きのように”どれがオレンジかな?”なんて選ぶのドキドキして。大好きなオレンジだったら”あたり!”。もちろん皮も一緒に食べる。皮と実の間がおいしいんだぁ。
大きくなってからは”また芋~”って言って手を出さなくなって、ばあちゃんもあんまり”芋食べるか?”って聞かなくなったっけな・・・。
ばあちゃんのふかした芋が食べたいと思うけれど、もうばあちゃんはいないのです。
[PR]
by peartree22 | 2004-10-27 21:54 | べろの記憶

余震よ止まれ

また午前中に余震。会津はほんの少しゆれを感じるくらいだったけれど、どんなに怖かっただろうか・・・。
何ができるか?と考えたら、今日ワイドショーでも行っていたけれど、やはりお金だとか。そうだよね、一般の私たちが物資を送ったところで数が限られるし、衣服や毛布などは阪神大震災などもすぐには欲しいけれど、後々はもてあましてかえって迷惑になったから。
こんなとき、各商品の企業が寄付してほしいなぁ。CSにもなるよ、きっと。
カイロやストーブの会社、灯油・ガソリンが足りないみたい。

昨日は新潟名醸という酒メーカーの蔵が倒壊してしまった。
タンクにはまだ詰めていないお酒がたっぷりあったとか。
「頭が真っ白です」と・・・。日本酒の蔵は古いところが多いから・・・。こーせーくんの会社も同じような地震が置きたらヤバイと言っていた。

余震だけでも止まってほしいが、こればかりはどうすることもできない。祈るばかり。
ありちゃんを寝かせる場所も考えてしまう。すぐに何か起こったら覆いかぶされるように、いつでもそばに、が原則。たとえば、洗濯をセットするときや洗濯物を洗濯機から出すときは、写真のように洗面所の横のスペースがありちゃんの定位位置。私がトイレへ行くときも、トイレのドアを開けて、廊下にざぶとんを敷いて寝てもらってます・・・。でもこれって衛生的によくない???少なからず大きな揺れを阪神大震災のときに経験しているので、神経質になってしまいます。b0002142_1455859.jpg
[PR]
by peartree22 | 2004-10-27 14:07 | 育児

夫出張時の献立

昨日からこーせーくん出張。
まずは、”だんな出張中メニュー”として私の場合はお好み焼き。
関西在住が長かった母親の影響もあり、我が家は幼いころからお好み焼きが夕食メニューとして登場していた。それだけでなく高校生のときにお弁当にもお好み焼きが入っていたときはびっくりした。ま、冷めても美味しかったけれど。
我が家(実家)では、”なんか疲れたねぇ~”というときは、”お好み焼き”というのが常日ごろのことである。”疲れたときのソース味”というわけ。野菜もたっぷり食べられるしヘルシー???

だんなこーせーくんはもちろんそんな風習に慣れていないので、私が最初のころ、”なんか疲れているねぇ、お好み焼きに今晩はしようか!”というと、”へ!?”だった。しかも”お好み焼きとご飯”というのにまたまたびっくり。お好み焼きとご飯を一緒に食べると美味しいのになぁ・・・。
確かに炭水化物過剰摂取だけれど、さぁ。

そんなわけで、こーせーくんがいない夜は堂々とお好み焼きご飯となる。
今日は豚肉、キャベツ、ネギ(白ネギも細ネギも)、チーズ、コーン。l生地には小麦粉に山芋パウダー、昆布茶少々、卵。粉は少なめが我が家流。
だが、今私は困っている!実家定番だったグリーンコープのお好み焼きソースが今ないのだぁ。我が家ではソースを2種類以上ブレンド(といっても焼いている上に2種類乗せるだけですが)するのが常。今日は泣く泣くウスターソースとブレンドしてみた。お多福ソースも好きなのだが、これは広島焼きが合う(というか食べたくなるので)関西風お好み焼きにはちょっと・・・というのが私のこだわり(なんじゃそりゃ)。

というわけで、こよいはゆっくりとお好み焼きを堪能しました。
収納場所がないので、買っていませんが、やっぱりホットプレートが欲しいです。
[PR]
by peartree22 | 2004-10-25 23:42 | 晩ごはん

Love ラム

トスカニーワインハウスで取り寄せたラムチョップを調理することに。実は自宅で調理するのは初めて。切り離さずに焼いた方が美味しいとあったので、塩・コショウをやや多めにすりこみ、ビタクラフトで焼く。油がどんどん溶けて出てきたところを、かけながら焼く。付け合せはマッシュポテトとブロッコリー。ソースはとりあえず、簡単に玉ねぎを炒めてからバルサミコ酢を投入して煮詰めたものに。
ラムは火を通しすぎると美味しくないので、焼き加減の見極めが難しかったが、柔らかくてとっても美味しい!ワインはイタリアのもので。私はまだ禁酒中なので、涙を飲んでソーレで我慢。クリスマスシーズンも登場してくれるといいなぁ~。
ただ、まだ中が生っぽかったので、もう少し焼くといいかと。やはりオーブンを仕上げに使うか、グリルパンを最後に使うとよさそう。
b0002142_1372286.jpg
b0002142_1374998.jpg

[PR]
by peartree22 | 2004-10-22 21:54 | 取り寄せ