あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:幼稚園生活( 8 )

思い出は心の中に

だいぶ更新がまた滞っておりました。

とりあえず、娘の修了式です・・・。


さて、娘の幼稚園では、どのクラスの先生にも同じ贈り物をということで、
園から「賛同者のみ300円」と「親子共同で担任の先生への寄せ書きをお願いします」と
1枚のA4サイズの用紙が配られます。

アネネの絵と写真を貼り、一緒にハートの切り絵で周りをコラージュ。
ついでに「重くなったPCを軽くしよう」と写真をDVDーRに移すことに。

それが、あー。

映像と写真を1枚のDVDに移動すると言うことは、間違いだったのでしょうか?(無知)。
深夜の作業も良くなかった。早く終わりたいと、確認せずに、作業を終えて、
翌日確認したら・・・・。映像はDVDにあるのですが、写真がありません。
幼稚園の思い出の写真、すべてが消えて
しまいました!


どこかに隠れてはいないかと、ファイルを確認しましたが、ありません・・・。

ブログ用に縮小したのは、なんとか残っていますが、プリントアウトしてももちろん画像は悲惨なもので。

教訓
1、デジタルカメラの映像は、ネット上のファイルやHOT ALBUMなどに保存すること。
2、その都度、パソコンにためず、プリントアウトすること。
3、アナログだろうが、せっかく1眼レフカメラを持っているのだから、カメラでも撮影すること
4、夜中に面倒な作業はしないこと。

以上・・・。

というわけで、昨日あった修了式。カメラとデジカメ両方持参で、消えた分も!と撮影しまくりました。

以下、ブログ用の写真(縮小)は残っていたので、1年間の幼稚園生活をまとめて・・・。

b0002142_2151715.jpg



この1年は、本当にいろいろありました。

アネネの明るさに救われました
[PR]
by peartree22 | 2010-03-24 14:38 | 幼稚園生活

やっぱり牛すじは1日煮込むべし

昨日はECCの無料体験。4月から生徒になってくれる
Kちゃんのお友達紹介で、アネネより1つ下の女の子。
なかなか生徒が増えないので、うれしい限りで、はりきって1時間楽しんでくれたようで。

2歳になったばかりという妹ちゃんも時々参加なのですが、
いやー、2歳児、すごい。堂々と一緒に楽しんでくれました。

小学校にあがる前の子供って、本当に吸収力がすごいし、真似することをはずかしがらないので、
どんどん英語を言ってくれるのです。

逆にますます発音など責任重大だなぁと身が引き締まります。
がんばって、精進せねば!

さて、レッスンが終わって、説明を終えたらもう6時前。
我が家の食材はほとんどGC(グリーンコープ)なのですが、
冷凍庫にあるのは、クリスマスに作れなかった丸鳥と牛すじ。
牛すじはボイル済みのやつなので、もしかしたらなんとかなるかも・・・と
冷蔵庫に残っていた大根とこんにゃくを下ごしらえし、
牛すじ煮を作ることに。

ですが、1時間じゃあ、やっぱりね。大根も中は真っ白でしたーーーあははは。

なので、ご飯はたくさんあったので、オムライスを作ることに。
我が家の晩御飯としては異例のメニュー。

なぜなら、のんべーの夫婦の夕飯には、ご飯ものメニュー(炊き込みご飯とか
チャーハンとか、オムライスとか)は、なかなか登場しないのです。


我が家のクッキングアイドルアネネが、ニンジン、ベーコンを切り、
たまねぎは私が切り、炒めるのはアネネが担当しました。
こうして、「アネネがほとんど作ったのだよ」と言うと、夫も文句をいわず、
いえ、むしろうれしそうに食べてくれるので・・・・いひひ。

ECCのある日は手抜きをせずに、昼間にご飯の準備を・・・と思っていたのに、
実行できたのは数知れず。気をつけませう。
b0002142_21402033.jpg


写真は夕飯のおかずではありませんが、私の昼飯、菜の花丼。
菜の花をしばらく水(急ぐときは氷水)につけてしゃきっとさせてから、
オリーブオイルでさっと炒めて、しょうゆをたらり。
それだけで、ご飯の上にのっけて食べるだけですが、実にむまっ!なので、お試しを!
[PR]
by peartree22 | 2010-03-16 21:42 | 幼稚園生活

初めての運動会

アネネ、初めての運動会。

アネネの園では、”見せる運動会はしない”という方針で、お遊戯や練習をしなくてはいけない
出し物はありません。

アネネが出場するのは4種目。
リレー、障害物競走(スタートしてから、途中網をくぐって、走ってゴール)、ぽっくり歩き(
ぽっくりで1周しながら、途中お手玉を籠に入れたりしる競技。たくさんお手玉を入れられたチームが勝ち)と
親子競技です。

9月の園では毎日のように、リレー(クラス6名ずつのチームで3クラス対抗で戦う)や
障害物競走、ぽっくり歩きなどを通して、ずいぶんたくましくなっていたアネネ。
白組ということで、「白組、勝つぞー」と張り切って出かけました。

台風が過ぎて、風が涼しく見学者にとってもよい日和となりました。

お弁当作りは4時起きで。妹におにぎりや果物剥きなどを手伝ってもらって、なんとか
8時に家を出れました。

子どもたち、元気にはりきって登場です。体操のダンスが唯一のおゆうぎ?ダンスが好きなアネネ、
張り切ってお尻ふりふりしてました。


最初の種目障害物競走は、網をくぐる時点では2着だったのですが、なんと、ゴール前で追い越し、
見事1着!自分が勝ったというより、白組に得点が入ったのがうれしそうでした。
b0002142_1227115.jpg


リレーは残念ながら、3位(3クラス中・・・)。負けてがっかりする子、泣いちゃう子。
アネネは「がんばったから、いいのよっ!」と泣いている子を励ましていましたが・・・(笑)。
親も声がかすれるほど、応援しました。

午後からは親子競技。夫が出場しました。
b0002142_12283294.jpg

袋を被った子どもを、お父さん・お母さんが袋を取らずに当てるというもの。
膝から下しか見えてません。これは、難しい!
写真を撮っている私も???絶対にわからないよぉー。 出なくてよかった(笑)。

b0002142_1229401.jpg

夫は2回目であたりました。あたったらおんぶして帰れます。

朝9時から2時まで。めいいぱい子どもたちも大人も楽しめた運動会でした。
運動会といえば、走らなくて泣き出しちゃう子ややりたがらない子をちらほら見るのが
これまでの幼稚園のイメージ(キッズの頃体験したものでも)でしたが、
そういう子が一人もいなかったのが、びっくり。
いつもの授業の延長なのが、いいのかな?と思いました。

4時おきのお弁当をちらり
[PR]
by peartree22 | 2009-10-10 12:19 | 幼稚園生活

幼稚園の夏祭りで初浴衣

アネネの幼稚園はバザーなどはありません。
その代わり? 夏休みにお父さんのボランティア団体”GENKIKAI"主催で、夏祭りが開かれます。
夫も今年から”GENKIKAI"に入り、協力することに。

「せっかくの夏祭りだから、浴衣を着せてあげたい」と、いろいろ見たのですが、
「いいなぁ~」と思うものは高すぎるし、お手ごろ価格のもので好きな柄が見つからない。
「えーーーい、それならば作ってみよう!」と、インターネットでアネネが生地を選んで。

お転婆アネネには甚平が良いかと思ったのですが、「えー、甚平はいやっつ!」と
ワンピースとのセパレート式になった浴衣を希望するアネネ。
はいはい、がんばります。

それから何かとあれこれバタバタしちゃって(単なる言い訳)、結局縫い上げたのは、
当日13時。しかーし。
大きめに作ったので、それからの寸法調整に時間がかかり、さらに最終縫い上げは15時!!!

でも、アネネの喜ぶ姿に苦労も報われました。
b0002142_8403430.jpg
b0002142_8405018.jpg
b0002142_841174.jpg


雨模様でしたが、一通り用意されたゲームを楽しめて。
20時ごろから少し雨が降ってきたので、場所をホールに移してて先生方の踊りと
抽選会が開かれることに。
が、しかーし。
アネネ、走り回るわ、足を広げて座るわ、最後にはホールで先生たちの踊りを待つ間、
お友達と一緒になってブリッジするわ・・・。

もう、あまりのお行儀の悪さに、とほほでございました。


アネネはなんとカブトムシのオス&雌があたってしまいました。

・・・現在、私が主に育てています・・・。
(昨日までオスが姿を見せていなかったので、心配しましたが、元気な姿を今朝見せてくれて
ほっ)
[PR]
by peartree22 | 2009-08-08 08:30 | 幼稚園生活

あっという間に5月最終週なのだ

アネネ、先週の火曜日からぴたっと泣くのが止まりました。

母の日参観後、翌週は親子遠足などもあり、楽しい行事も目白押しで、
少しづつ幼稚園の楽しさが増えてきたからなのか。

b0002142_13221119.jpg

(親子遠足の時のお弁当。リラックマもどきおにぎり、失敗・・・。あぁ、母はやっぱり不器用)

家でめそめそするのは収まったものの、今度は幼稚園についたら
火がついたような号泣ぶり。
お友達が「アネネちゃん、いっしょにダンスレッスン(現在のプリキュアの影響)しよう!」と誘っても、
先生が「今日は新しいコンテ使うよー」ってなだめても、
「お母さんと離れたくなーーい」と私の服をがっしり握り締め。

しくしく、さめざめと泣き、先生の手を握って・・・という泣き方ではなく、

がしっと腕は私の服をひきちぎらんばかりに握り、先生が手を添えようものなら
ぴしっと跳ねのけ・・・、そりゃあすごい泣きっぷり。
まぁ、1歳児からどこかに預けようものならこんなんでしたけれど。

家を出るまでは「るんる、るんる、るーん♪」と鼻歌まで歌っているのに。
なぜに、幼稚園についたら「お家へ帰るぅぅぅ」と号泣ですか?

まぁ、それでも。
家でめそめそしていた頃よりはずいぶんマシだし。
ある程度泣いて、引きちぎるように私が帰った後は、しばらくしたらケロっとしているということで。

母も強くなりました。

そして、もう今は、まーーったくそういうそぶりなく。
「じゃあ、帰るからねぇ」と言う母に「はーい!」と笑顔でバイバイ。

よーし、母も新たな気持ちで、ちょこっと自分モードに切り替えるぞ!
b0002142_13235357.jpg

こちら、先週5月20日のお弁当。リラックマをハンバーグで。なんとか合格もらいっ!

明日もお弁当。でもキャラ弁はすでにネタ切れなのだ。
[PR]
by peartree22 | 2009-05-26 13:24 | 幼稚園生活

母の日参観

GW中もめそめそし、食欲まで落ちてしまって、心配させたアネネ。
GW明けの翌日は、結局「いきたくなーーーい!」と大泣きだったために、無理せず休ませました。
翌日は母の日参観だったので、「母の日参観は絶対行く!」とはりきっていたので。

そして、母の日参観。ところが、
「お母さんと一緒に行く」「母の日参観が終わったら、一緒に帰る」とおきてからずっとぐずっていたアネネ。
そこへ、仲の良いYくんのお母さんからメールが。、
「突然腸炎になって、行けなくなりました。Yくんはがっかりしていたけれど、
『大丈夫だよ!」』とバスに乗って行った・・」と。
それを聞いてアネネ、「あーちゃん、Yくんをどういうふうに励まそうかな?」と
急にぐずるのをやめて、「お母さん、早く幼稚園にいこ!」。

幼稚園に着くと、もうYくんは来ていて意外と元気に遊んでいました。
すると、また「お母さん、帰らないで・・・」と泣き初めて。

「でも、お母さんがここにいたら、内緒の飾りつけにならないよ」となんとか私がいったん帰ることを
承諾させました。「でも、母の日参観が終わったら、給食食べずに帰るよ」とアネネ・・・。
なかなか一筋縄ではいきません。

そうして、母の日参観の時間。
Yくんはお父さんが来てくれてほっ。アネネはというと、今日のお当番さんのようで、
一番前に座って(お当番さんはグループの一番前に座る)、まったく緊張感なし。
ゲームの途中では、「先生、のどが渇いたから飲んできていいですか?」と
立ち上がり、隣に座っていたYくんまで「ボクも!」と二人で外の水道へ駆け出して、ごくごくごく・・・。

あの心配はなんだったんだろう?です。
楽しくお遊戯をして、アネネが作ってくれた額ブチ付きの絵をもらって。
b0002142_10221357.jpg



あっという間に母の日参観は終わりました。
そして、子どもたちがトイレに行っている間にお母さんたちはそーっと帰るという設定だったのですが、
アネネは感づいて私の手を離しません。
でも、「お当番さんは今日は給食の準備をしてね。エプロンをつけて、給食室までおかずや牛乳を
もらいにいきまーす」と言うと、一緒のお当番であるYくんやMちゃんとエプロンをつけ、
「お母さん、給食室までは見てて。後は帰っていいよ」と言ってくれました。

b0002142_1022469.jpg


なんとか、「お当番さん効果」で乗り切れたようです。
帰ってきてからも「お当番さん、楽しかったー」と言うので、
「また回って来るんだよ」というと、「ほんと!」と乗り乗りで。

泣いてばかりのアネネも少し前進したかな?
[PR]
by peartree22 | 2009-05-08 09:59 | 幼稚園生活

大丈夫!と安心するのは、まだ早い

b0002142_12525623.jpg


スモッグ、やっと週末完成しました。
いやあ、裾の直線縫いがどうしても糸がつって、上糸と下糸を調節しても上手くいかなくって。
3度も4度も縫ってはほどくを繰り返し。ようやくに・・・。

しかし、このスモッグを着ていく園生活に今波が押し寄せているのです。

幼稚園に行く前の未就園児クラスでお友達ができ、「たのしみー」と張り切っていて。
幼稚園の入園後も、お母さんを恋しがるお友達の手を引いて、慰めつつお迎えのお母さんたちが集まる
園庭に毎日出てきていて。

「アネネちゃんは、気配りもすごいねー」
「すっかりおねえちゃんね」と周りのお母さんにも言われて、「本当にわが子ながらちょっと
かんどー」なんて、すっかり安心していたら。

2時半までの通常保育が始まってちょうど1週間目の木曜日。
前日にヤマハ音楽教室の体験をして、
「楽しかったなぁ。明日も行きたい」
(いや、行くにしても5月スタートなんですけれど。しかし月謝がべらぼうに高い!)
と言いつつも、「何だか疲れちゃった。明日休みたいなぁ」とぽつり。
あれ?っと思いつつも、
「明日は写真撮影だから、お休みできないなぁ」と言うと、
「あ、そうか!」と思い直し、翌日も普通どおり登園したのですが・・・。

お迎えに行くと、アネネ大泣きで登場。「お母さんに会いたくなったの」
そして、翌日の金曜日。
「行きたくない」の一点張りで、もうそれではということで、園に休みの連絡を。
「月曜日には行くよ」というので・・・。
お休みしたものの、「外で遊びたい」というアネネ。
「お母さんは今からお掃除したり、洗濯したりと家のお仕事があるから、
その間は家で遊んで」
「いや!外で1人で遊べるもん!」
「それは危ないから、だめ!」
「あーちゃん、1人でいいから!」

ぷちっ・・・・。

「幼稚園に行かないくせに、外で遊ぶなんてもってのほか!
もう行かないなら、行かないで幼稚園を辞めるからね。
もう制服も要らないから、お友達にあげちゃおう!!!」(罵声)

「あーちゃん、今日は行かないけれど、また行きたい時は行くもん。
制服あげないで!!」
「そんな勝手なことはだめ!もういい、辞めましょう!」
「イヤー、辞めないーーーー(号泣)」

あぁ、一日子どもが幼稚園に行きたくないと言ったからって。
大人気ない母親・・・。

そんなこんなで反省するも、日曜日にも「幼稚園、明日行きたくない」が始まり、
また私爆発。夫のいる前で発狂・・・。
(内容はあまりにひどいので割愛しますが、いやあ、我が家の地雷です。私)

夫、アネネを連れて串木野の「まぐろまつり」に避難し、私もその間、頭を冷やすために
まだ完成していないアネネのスモッグ作りを。
黙々と直線縫いしていたら、なんだかだんだん心も落ち着いてきて。

思えば、マリアンキッズ(未就園児のクラス)でも、私と離れるまでにアネネは他の子より長い時間を
要したのだった。

こんな鬼母でも、「一緒にいたい。離れられない」と言ってくれる奇特な娘。
ここはどんと構えて、気長に行きましょう。
前も半月後は嘘のように「ばいばーい」って離れられるようになったっけ。

私も溜まっていたものをヒステリックな形という最悪な方法ではあったけれども、
出してしまったことで、なんだか腹がくくれるようになりました。

(夫がすごく被害者ではありますが。すまんと心で懺悔するしかありません)



さて、昨日の月曜日。前夜もお布団で「幼稚園行くのいやだなぁ」とつぶやいた
割には、普通に朝、出かけられたアネネでした。
母の日のお絵かきをしたようで、「お母さんにプレゼントあるんだー。ふふふ、な・い・しょ」なんて
かわいいこと言ってくれちゃって。「明日は母の日参観のお飾り作るんだって。
ふん、ふん、ふん♪」と鼻歌まで歌っていたのに。

今朝はまたご飯を食べる途中から「幼稚園に行くのはむりーーー」と涙ぽろぽろ。
これは長くなるので、次回につづく。
[PR]
by peartree22 | 2009-04-28 12:59 | 幼稚園生活

あしたもパンダ組?

初夏のような暑さ好天気に恵まれ、アネネ、入園式を無事に終えました。

b0002142_10402716.jpg


週1回のお試し幼稚園で、お友達ができていたのと、そのお友達全員が同じクラス(新しく入る年中さんは同じクラスになる)なので、泣くこともなく。いや、むしろ、母も父もそっちのけで、普段のように遊びまくる娘・・・。

入園式は仲良しのYくんとお隣に座り(名簿順ではなく、好きな子と一緒でOKだったよう)、
Yくんのお母さんと「二人一緒だと何をするか、分からない・・・」と最初はヒヤヒヤし。
入場の時、アネネはいろんなお父さん・お母さん方(他人。見知らぬ人)のビデオにポーズを取り立ち止まるので、進行を妨げていたし・・・。
b0002142_1054523.jpg


歌あり、おゆうぎあり(子どもたちを退屈させないために)、園長先生は手品までして、
堅苦しくない式でした。

義母も初めて孫の入園式を経験できたということで、とても喜んでくれました。



b0002142_10411679.jpg

お昼は、いつもの石寿司さんで。
大人と同じ竹にぎりをぺろり。幼稚園の給食が足りるか心配になりました。
[PR]
by peartree22 | 2009-04-09 10:33 | 幼稚園生活