あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ちゃちゃちゃCooking( 10 )

渋好み

今年はまさしくゴールデン!な連休でありますが、直前まで工場の休みのローテーションが分からない夫なので、宿泊などの計画は立てられず。ま、はなっから値段が急に上がってしまうこの時期に泊まることなど・・・ぶん、ぶん(←首を振る音)

昨日、懸案だった母方のお墓参りに行ってきました。叔母が用意してくれた蕗の煮物に真っ先に手を出したアネネ。甥っ子風に仕込まれた「うまー、うまー」を連発しながら。

そこで、お土産はきれいに下ごしらえしてある山のような蕗。蕗は剥くと手がアクで汚れてしまうのが難点なので、とてもうれしいです。さっと洗って一度あく抜きのために茹でこぼし、再度昆布だしで煮るだけ。タッパーいっぱいにできました。

これでしばらく娘のおかずは大丈夫♪(なんと、手抜きな母)
週に1度は好物のひじき煮を作っていたけれど、飽きないか心配になっていたところでした。

b0002142_14592945.jpg

常に常備してある乾物類。アメリカに住んでいるときは、帰国するときにスーツケース一杯に詰め込んで持ち運んでました。
[PR]
by peartree22 | 2006-05-01 14:50 | ちゃちゃちゃCooking

料理モードの日

朝からなんだか料理モード。
夫を送り出した後、おでんの仕込みを始めたら、大根の皮が大量に出た。半分はゴボウと一緒にキンピラに。半分はおでんの出汁を取った昆布とカツオブシと一緒に炒め煮に。炒め煮は娘の好物。将来は酒豪になるに違いない・・・。b0002142_13461299.jpgおでんが和風なので、ちょいとキンピラはオリーブオイルと味付けはバルサミコ酢で。使ったオリーブオイルは冷凍オリーブオイルという珍しいもの。冷凍庫から少しづつ溶かして、パンにつけて食べる・・・というものだったが、引越しのときにあえなく解凍されて、今は常温使用。そのせいかちょっと苦味が出てきたので、もっぱら炒め物などに使用している。

まだまだ娘は眠ってくれていたので、
鶏もも肉でサラダを。妹が勤めているパンやChanan(カナン)のレシピ。とりもも肉を20分くらい茹で、冷めたら裂いて、スライスした玉ねぎと和える。味付けはマヨネーズ、塩・こしょう、しょうゆ、そして茹で汁を少しづつ加えていくというもの。薄味くらいがいい。噛めば噛むほど味が出てくる。もちろんパンにはさんで食べても美味しい!b0002142_13545934.jpgスライスした紫玉ねぎがちょっと分厚かったために、まだまだ改良の余地あり!

熟れすぎたバナナとりんごが眠っている。明日はお菓子モードになれるかな?

お菓子といえば
[PR]
by peartree22 | 2006-03-16 13:44 | ちゃちゃちゃCooking

大根をまるごと

冬は大根が美味しい。鹿児島に戻ってうれしいことのひとつに、「父が作った野菜が食べられること」がある。父は有機栽培で作っているので、大根は葉っぱはもちろん皮も食べられる。
陰・陽の考え方でいくと、冬は土の中で育ったものを食べたら体にいいとか。
もちろんバランスが大切tだろうけれど。

大根を鶏の手羽先やイカと煮込む定番ものが我が家で良く登場するメニューであるが、最近はまっているのは、「猛一品何か欲しいなぁ」と思ったときに作る「スライス大根」もの。

b0002142_154154.jpg

スライスして軽く塩を振り、酢とオリーブオイルを混ぜたものに柚子の皮少々。

今日の晩御飯はビーフシチューにしたので、赤ワインをあけることに。ちょっとサラダも気取ってみた。
b0002142_15125262.jpg

大根とりんごを薄くスライスして並べただけのものに、ワインビネガーとオリーブオイルを少々。ブルーチーズを添えて。

合わせたワインはMARQUES CASA CONCHA 2001 MERLOT(チリ産)。
2時間前くらいに開けていたのだけれど、けっこうがちがちでしたが、美味しく化けそうな予感。
ところで、今回初めてビーフシチューにも大根を入れてみました(笑)。
[PR]
by peartree22 | 2006-01-20 21:58 | ちゃちゃちゃCooking

目を閉じて食べると・・・アップルパイ!?

夫が昔一緒に働いていた杜氏さんから毎年送られてくるりんご。
ご近所さんにあげたりするのだけれど、なかなか減らないので、ジャムにすることに。
娘が眠っている間に・・・。
紅玉ではなく「つがる」なのだが、大丈夫であろう。
剥いて700グラムちょいだったので、砂糖を200gにしてみる。
甘い香りが幸せな気分に。b0002142_14504833.jpg

時間があればパイを作りたいのだが、娘が起きてきそうだったので、「目を閉じて食べたら・・・アップルパイ!?」にしてみた。

さぁ、何と一緒に食べたのでしょうか?
[PR]
by peartree22 | 2005-10-05 14:44 | ちゃちゃちゃCooking

我が家の定番3種

このところ、「晩御飯作りたくない病」がすこしづつ解消されつつある。
先週水曜日は久しぶりにカレーを作った。我が家の定番はミンチとコーンのカレー。今回は緑レンズ豆と大きめに切ったナスを入れてみた。
b0002142_1263983.jpg

カレーのルーは奄美のウコンを使った奄美カレー。中辛と辛口を混ぜて。
 金曜日はHiroさんのブログで”キムカツ”を見て久しぶりに復活した”三牛士のカツレツ”(命名ちゃん・りー)。我が家の旦那は揚げ物が苦手なのだが、これとコロッケと野菜巻き豚カツは食べてくれる。薄切り牛肉を3枚四角く重ね、塩・コショウして、バッター液(小麦粉と卵と牛乳を混ぜた液。牛乳を入れると揚げ物などがなぜかカラりと揚がるような気がするので、我が家では水ではなく牛乳を使う)、パン粉をつけて、フライパンで焼くだけ。
b0002142_12223856.jpg

 付け合せは洋ナシとブルーチーズのソノマ風サラダ。ソノマのカフェで食べて以来、洋ナシが出回るとこのサラダを作る。ちょうど会津産の洋ナシがお店に登場下ので、早速作ることに。グリーンはお好みで。数種類合った方が美味しいけれど、シンプルでももちろん良い。洋ナシを薄切りにして、ブルーチーズは適当にほぐし、胡桃か松の実またはお好みのナッツ。この3つは欠かさずに。それらに塩・コショウしてバージンオリーブオイルとワインビネガーのドレッシングで合えるだけ。今回はうっかりバルサミコ酢を使ったので、色が汚くなってしまったけれど・・・。
 白ワインを飲みたかったーーーー。ちょこっとだけビールを飲みました。
[PR]
by peartree22 | 2005-10-01 12:05 | ちゃちゃちゃCooking

お弁当スタート

これまで昼食は我が家に戻ってきて食べることが多かった夫だが、今日からはお弁当を持っていくことに。会社の閉鎖が決まってパートさんたちはすでに辞めている。社員の1人の方が研修に出てしまったので、夫が昼食に戻ると事務所が誰もいないことになるからだ。
 このところ長い間、夕飯作りが億劫だった私。涼しくなったことだしお弁当のおかずは夕飯を回すことに。夫は「おかず一品と梅干でいいよ」とはいうものの、さすがに一品だと埋まらない。そこで久しぶりに我が家の常備食「ひじきと大豆の煮物」を作ることに。
b0002142_12492030.jpg

 ストック棚に眠っていた「干しごぼう」「干しダイコン」「干ししいたけ」を戻し、今回は手抜きしてひじきは最近よく目にする「そのまま使えるひじき(すでにもどしてある)」、大豆も水煮缶を利用。まだまだ気分的には「夕飯作りたくないよぉ」病が潜んでいるので、「まぁリハビリ、リハビリ」と自分に言い聞かせる。
 これまでも手を抜くところは手を抜くが、「素材は手を抜きたくない」と少々頑固なところがあった。例えば「大豆はやっぱり生を浸してから・・・」とか「あんこは小豆から」「ホットケーキもホットケーキミックスは使わない」とか。だが、最近の「ご飯作りたくない」病はこの性分が災いしているかもしれないと、便利なものは使ってみようと少し割り切れるようになった。
 さてできあがりは、まぁやはり豆の歯ごたえや風味は落ちるものの合格点ではないかな?田プリ作ったので当分は「おかずのもう一品」は大丈夫?・・・そう、夫は同じ品が続いても大丈夫な人なので、助かります。
 
[PR]
by peartree22 | 2005-09-26 12:23 | ちゃちゃちゃCooking

TVでスポーツ観戦のときは

TVでスポーツ観戦が好きな我が家。そんなときはハンバーガーかメキシカンというのが定番であるのだが、残念ながらテイクアウトできる店が今はない。
本日、ワールドカップサッカー予選。熱狂的なファンではないけれど、毎試合ちゃんと見ている。
昼間、とても暑かったこともあり、どうしてもメキシカンが食べたくなる。
ちょうど娘がお昼寝をしてくれたので、皮を手作りしてみることに。といってもトルティーヤは無理なので、雑誌で見たチャパティに。寝ている間にこねて生地を少々寝かす。
b0002142_1733111.jpg


全粒粉と小麦粉、塩と水のみ。
b0002142_17332154.jpg

フライパンで焼くとトルティーヤのようにぷくぷく膨らんできた!

b0002142_1734271.jpg
なかなか美味しそうだが・・・・。

やっぱり、粉っぽい・・・・しっぱいだな、こりゃ。でも
[PR]
by peartree22 | 2005-06-08 17:26 | ちゃちゃちゃCooking

はなまるマーケットの30分クイックブレッド作ってみました

最近は朝のTVは見れないことが多いのだが、なにげに”はなまるをチェック”したら
30分でできるクイックブレッドが紹介されていた。
食欲旺盛の今の私にはぴったりではないか!!!

というわけで、作ってみました。
その前に、材料に「カッテージチーズ」とあり、寒い中買いにいけなかったので、これも作ることに。興味のある方はぜひ。下に作り方載せました。レモンの酸が少なかったのかぽろぽろにならず、非常になめらかかつ大量にできてしまいました。500ccにすればよかったかな?
b0002142_1724452.jpg

そして、肝心のクイックブレッドはというと・・・いやあ、ほんとうに30分でできました。2倍の分量で作ったのですが、やや粉が足りなかったかな?と思いました。生地がべたべたしちゃったのは、部屋が暖かすぎたのかもしれません。
それでも美味しくできたのでOK。作っている途中ありちゃんがぐずりだしたので形も包丁で切っただけなので、非常に不ぞろいな出来ですが。
まぁパンというよりは、スコーンそのものなんですが、中はふんわりでだんなにも好評。
その前に作ったカッテージチーズが思いのほか時間がかかりましたが。
b0002142_17253081.jpg

時間がないでも何か食べたい!ってときにお奨めです。
番組のように子供と一緒に作るのも楽しそう!中に入れるのを工夫したらいろいろバリエーションも広がりそう。作り方ははなまるマーケットのHPを参照ください。3月28日放送のとくまるのコーナーです。写真つきで詳しい解説があります。

<カッテージチーズ>できあがり2カップ
材料:牛乳(成分無調整のものでできれば低温殺菌のもの)1リットル、レモン汁大さじ3杯、水大さじ3杯(レモンの変わりに酢で代用できます)
①レモン汁と水は合わせておく。
②牛乳をホウロウかステンレスの鍋に入れ、90度まで中火で温める火からおろす。底が焦げやすいので温めている間は木べらでかき混ぜること。
③火から下ろし、②の牛乳が温度計で40度まで下がったら①をいっきに加えゆっくりとかき混ぜる。
④分離してきたら、目の細かいざるに布やさらしを敷きこす。
冷蔵庫で3日くらい持ちます。
[PR]
by peartree22 | 2005-03-28 17:08 | ちゃちゃちゃCooking

菜の花どんぶり

私が好きな料理研究家のひとり、辰巳芳子さんのレシピから。
毎年春が近づくと作る。これまた簡単で美味しいのだ。

ちょうど昨日、鹿児島から届いた菜の花。昨夜は焼肉をしたので、今日のお昼はあっさりにしようと今年初の菜の花どんぶり。
b0002142_1423095.jpg


作り方はいたって簡単。
菜の花をしばらく水に放ちしゃきっとさせ(辰巳さんのレシピには2時間ほどとあるが、摘みたてなら短時間でも。私も5分ほどしか水に放ちませんでした)
水気をしっかりきった菜の花を、上質のオリーブオイルで炒め、鮮やかなグリーンになったら酒少々、しょうゆで味付けしてできあがり。ほかほかご飯に乗せよう!
たったこれだけで!とびっくりの美味しさなのです。お試しあれ。

b0002142_14253957.jpg
実はオリーブオイルフェチかもしれない。3種類ほどは常備。美味しいと評判のオリーブオイルは試さずにはいられない・・・。今回使ったのは2004年度産のオリーブオイル。Frantoio della Fattoria
[PR]
by peartree22 | 2005-02-26 14:19 | ちゃちゃちゃCooking

今回は大量作成!万能和風だれby村田さん

26日実家に戻ってからしばらく滞在することになるので、いつもより倍の万能和風だれを作ることに。これは、今日の料理で紹介していたもの。我が家ではこれを夫が大好きなそばつゆからうどん、おでん、鶏のチャーシュー、チャーハン、青菜の和え物など、いろんな料理に使っている。昆布とカツオブシが大量に出たものは、今が旬の大根の葉っぱとむいた後の皮を使って「ご飯の友」にしている。
b0002142_11451361.jpg

下の分量(ふだん)の倍の分量で作ったので、いつもの鍋がたっぷたっぷ!

万能和風だれ(作りやすい量)
材料:
しょうゆ・酒それぞれ1・1/2カップ、みりん1カップ、昆布10g、かつおぶし20g

作り方:
1、材料すべてを鍋に入れて火にかけ、ふつふつ湧いてきたら弱火にして10分くらい、汁が3分の2量になるまで煮詰める。
2、火からおろして冷まし、キッチンタオルなどでこして昆布とかつおぶしを取り除き瓶などの保存容器に入れる。冷蔵庫で3ヶ月は保存可能。

b0002142_11454416.jpg
以前作ったときの(下の分量)できる量はこのくらい。
手前が「ちゃん・りー流"大根葉と皮で作る”ご飯の友”」(小さめの皿に盛り付けてますが、これもタッパーに大量に作れます)
[PR]
by peartree22 | 2004-12-16 11:33 | ちゃちゃちゃCooking