あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子連れ旅( 37 )

生まれた日との縁

b0002142_18134030.jpg


65年前の8月6日。広島でお天気の良い、普段どおりの朝を迎えた人々は、
一発の光で運命を変えられました。

6年前の8月6日。病院へ行くタクシーの中で黙祷を済ませ、11時に破水、13時にうぶ声を
あげて、娘はこの世に誕生しました。

娘と一緒にTVで広島原爆式典を見ながら、少しだけ話がいろいろ理解できるようになった娘に、
今日の日の意味、不思議なことにこの日に生まれてきたことについての意味を
話して始まった朝でした。

広島市長の秋葉氏の平和宣言の広島弁は、広島在住中に聞いた語り部の方の言葉とも重なり、
胸を打ちました。

娘の誕生日の何年目かに、「核がようやく世界からなくなりました」と平和宣言の中で言われる日を
望むのは、無謀な夢でしょうか?
私自身、戦争も原爆も知らない世代ではありますが、娘に戦争のこと、原爆のこと、日本が犯した罪についても知っている範囲ではありますが、伝えていこうと思いを強めた朝でした。

とはいえ、娘の誕生日、今年は盛大?に
[PR]
by peartree22 | 2010-08-06 17:49 | 子連れ旅

関西ダブル親子旅行 ④ 美術館へ行こう! 

ホテルの温泉で英気を養った後は、大阪の海遊館隣のSUNTORY MUSEUM[天保山]、「美術館へ行こう! ディック・ブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方」展へ(9月15日まで)

b0002142_10594293.jpg


ディック・ブルーナの「ミッフィ」は甥っ子もアネネも大好き。もちろん私も妹も。
それ以上に「子連れで美術館」というのがうれしい。

甥っ子はその前に3Dシアターでポケモンを観るため、私たちは先に展示へ。

展示は3部構成で、1部は「見てみよう」とあり、「ミッフィーと美術館」をベースに、ディックブルーナが影響を受けたモダン・アートが展示してある。、「写実」「動き」「モチーフ」「筆触」「形」「色」「技法」といったキーワードに沿ってあり、それぞれの絵に、「どっちがすき?」とか「どの色がよく見える?」などミッフィーが子どもに話しかけているものが添えられていて、4歳の娘もたどたどしくミッフィーの言葉を読み、
「えーっと、あーちゃんはこっちの絵が好き。ミッフィーは?」と時にミッフィーとおしゃべりしながら娘なりに絵を鑑賞?していた。
おかげで私もじっくり、本当に久しぶりにじっくり絵を見ることができた。

第2部は「考えてみよう」というコーナーで、ブルーナの絵本製作の方法やポスター、ペーパーブックのデザインなど、これまで見たことがなかった彼の絵本以外の作品を観賞。

ブルーなの絵本はとてもシンプルな線と色で構成され、それがなんともいえない魅力であるのだけれど、それが実はいかに綿密で緻密な彼の考えで出来上がっていることかを知ることができた。
まずトレーシングペーパーに何度も何度も下書きをし、線を決めるまでに長い時間を費やす。
次に決まった下書きを透明なフィルムに写す。
次に「ブルーナカラー」と呼ばれる6色のどの色がふさわしいかを決め、下絵の描かれた透明フィルムに貼っていくという作業なのだ。

最後は「作ってみよう」で、ブルーナと同じやりかたで下書きの紙に色を貼っていくというもの。色を塗ってもよい。これは子どもだけでなく、大人も楽しめた。

夕方にもなり、しかも地下鉄の本町では乗り換えの際遠い距離を歩かなければならなかったので、帰りはすっかり疲れてしまったけれども、行ってよかったと思える美術館であった。

SUNTORY MUSEUMでは、小学生を主に対象にしたワークショップをよく開いているようなので、お近くの方はぜひ。
[PR]
by peartree22 | 2008-08-20 17:41 | 子連れ旅

関西ダブル親子旅行③吉本新喜劇、初体験

2日目は、今回の旅行のメインイベントのひとつ、「吉本新喜劇」初体験。
お笑い好きの甥っ子、アネネ、そして私。尼崎に住む従妹のゆかちゃんとめぐちゃん(従弟の奥さん)、りゅうくん、ミウちゃん(リュウくんは風と同じ年、みうちゃんは2年生)も誘って。
みんな初体験です。

「吉本新喜劇」はなんばグランド花月であります。
b0002142_1185177.jpg
b0002142_119115.jpg

夏休み企画として、ちょうど第一回目公演(9:45から)は、小学生以下は2000円ということで、その日の公演は子供連れがほとんどでした。
劇場前では、本日の芝居に登場する人気キャラクター「茂造じいさん」のかぶりもんが劇場前にいて、たくさんの子どもたちが一緒に写真を撮っています。
うちの娘は、怖がって写真拒否でしたが。

ところがチケット予約の時にちょっと落とし穴が。
チケットは行きたい月の1ヶ月前の同日に売り出されるのですが、私たちの人数だと隣りあわせで座りたいなら団体予約となるのです。
団体予約は予約したい月の半年前の1日から受付のため、私たちが予約した時点では1階席はすでになく、2階席に一応予約を入れて、1階席のキャンセル待ちとなりました。

なので、吉本新喜劇を5名以上で観たい場合は、要注意です。
やはり1階席の方が観やすいかと・・・。

ラッキーなことに、1階席にキャンセルが出たようで、座れました。
(さらに、ラッキーなことに隣の男性が新喜劇が始まる前に、「もう出ますから」と席を譲ってくれ、膝上席(3歳までは膝上なら無料)だったアネネも椅子に座れることに)
劇場は思ったよりこじんまりしていて、P-20~の席でしたが顔も表情もはっきりと見えました。

吉本新喜劇の前に漫才と落語があります。飲食OKなので、たこ焼きの売り子さんも回っていました。娘は起きたばかりで朝食がまだだったので、持ち込んだパンをもぐもぐ。
飲食OKとはいえ、皆さんマナーがよく、食べる音などは気にならなかったです。

漫才は知らない方3組、トミーズと中田カフス・ボタン、落語(というより、子供向けに切り絵の上手な方で、観客の子の似顔絵も切り絵で!これはすごかったです)、そして、河北省雑技団。
雑技団はかわいい女の子たちで、これは生で観るとやっぱり体の柔らかさ、高いところでのアクロバットなど魅了されました。体操が好きな娘も「おーー」と見入ってました。
私は中田カフス・ボタンが生で観れてむちゃうれしかった

やや娘には前座は長かったようですが、なんとか新喜劇が始まると、またまた大笑い。
今回はオーディションで選ばれたという子役も出た、笑いと涙の「茂造の子守唄」
(関西では先週放送が終わりましたが、鹿児島では今週末6日のよう)

チャーリー浜さんの「ごめんくさい~」も、お決まりの「階段転がり」もあり、アネネも席を立って大笑いしてました。最後の方はほろりときて、涙腺が弱い私はちょっと泣いてしまいました。

吉本新喜劇、生で観るとまた迫力があります。
最初は「4500円、高いなぁ」と思っていましたが、観終わった後は、「安いやん」と思えました。
[PR]
by peartree22 | 2008-08-20 09:58 | 子連れ旅

関西ダブル親子旅行 ② ホテルの温泉、うのあん で同期会

さて、2泊するホテルは、ドーミーインなんば
最寄り駅は大国町ですが、なんばからも子連れで歩いて10分以内です。
近所にもたくさん食べ物やさんがありますし、コンビニもあります。

元々寮にする予定だったそうで、マンションの一室を借りるような形態。
廊下が室内ではないので(渡り廊下が吹き抜けになっている)、大雨の時などはちょっと不便そうですが、ホテルと違って、マンションを借りた感覚なので、家にいるような感じでくつろげました。私たちの部屋は3畳ほど畳みが敷いてあったので(大人4人まで対応)、なおさらリラックスモードでなごめました。(小さいちゃぶ台もあり)

良かったのが、10階の大浴場。1つしかないので、男女入れ替え制ですが、木をふんだんに使った落ち着いた雰囲気で、脱衣所には畳がしいてあり、清潔感いっぱい。浴槽はまたまた木で、ぬるめの温度だったので、子どもたちも充分湯船に浸かれました。
部屋のお風呂もトイレと別々だったので、ユニットバスに比べると使い勝手が良かったのですが、やはり大浴場があると疲れの取れ方が違います。
へたな古い温泉旅館よりずーっときれいで落ち着いた雰囲気で良かったです。

また洗濯機があり(洗濯機は無料。乾燥機だけ有料)、子連れにはすごく便利でした。
夏の子連れ旅行はただでさえ汗をかいて、着替えが必要。洗濯機があったので、
その分持って行く衣服を減らせました。

さて、夕飯は・・・
[PR]
by peartree22 | 2008-08-19 19:45 | 子連れ旅

関西ダブル親子旅行 ①ビバ、ひかりレールスター・個室で楽々

毎年恒例となりつつある(といってもまだ2年目だけれど)、ダブル親子の旅。
妹&甥っ子、私&娘の4人旅なのだが、今年は妹たちだけのはずが、
「あーちゃんも一緒がいい!」と甥っ子が言い出して、突如参入することに。
しかし、今回の旅は列車で往復というものだったため、結局4泊5日という長旅に。

夫はいつも何にも言わないで許してくれるのだけれど、実はそれが密かに怖い。
いや、ほんと。
「本当に夫は心からOKしてくれているのかなぁ?」と疑心暗鬼でドキドキしてしまう。
ま、気になりつつ、結局行っちゃうんだけれどね。

出発一週間前に甥っ子がプール熱などになったりして、「すわ、中止か!」と思ったけれど
(潜伏期間一緒に過ごした娘にもうつっていないか心配もあり)、3日前には元気になって。

当日朝は、いつものように夫を送り出し、いざ、出発準備。
前回の家族旅行で買った駅弁が「味濃し」で、娘もまったく口にしなかったために、
お弁当持参で。お弁当といっても簡単におにぎりと、偏食の甥っ子も好きそうな
豚チーズ巻き(GCの揚げるだけのもの)、卵焼きとキンピラ。

10:06乗車の予定で、最寄り駅についたのは9:30。
待つ間、今日会う予定の友人と従妹&はとこへのお土産をゆっくりと選べたのでよし。

九州新幹線はあっという間。ところが熊本が大雨で、乗り換えのツバメが遅れているとのことで、3分ほどホームで待つことに(いつもは乗り換えの新八代ではすでにツバメは隣のホームに止まっている)
どうなることかと思ったけれど、その後は問題なく雨も小康状態で、博多へ。

博多から新大阪までは「ひかりレールスター

のぞみにしなかったのは、普通個室があったため。
これがすこぶる快適。2つの座席が向かい合わせになっていて、真ん中にテーブルが設置。
通路との間は開きドアを閉めれば、完全個室になるというもの。
3名以上4名で使え、今回は甥っ子の子ども料金プラスするだけで、4人席を使えた。
娘の分も座席はあるけれど、料金はいらなかったということ。ラッキー♪

b0002142_174264.jpg
b0002142_17422063.jpg
b0002142_174239100.jpg

子どもたちも「すごーい」、「ひろーい」とテンションがあがる、あがる。


ゆっくりお弁当を食べ、安心したのか、娘は広島を過ぎた頃からお昼ねタイムに・・・。
b0002142_17435463.jpg


新大阪には15:30分ごろ到着。そのまま2日お世話になる大国町にあるホテルへ。
[PR]
by peartree22 | 2008-08-19 17:25 | 子連れ旅

子連れTDR(東京ディズニーリゾート) アンバサダーホテル

今回の宿泊先は、タイ米は炊いて(変換通り)、大枚はたいて、ディズニーアンバサダーホテル 

ちなみにアンバサダーホテルよりディズニーシー内のホテルミラコスタの方が人気は高いようです。なんせ、今でも12月まで土曜日はすべて満室ですから。アンバサダーホテルは日にちによっては、まだ空室もあるようです。

とはいえ、アンバサダーホテルも土・日・祝日は人気なので、妹も4月にはホテルに電話。
今はホテル予約はインターネット経由でできますが、その頃は”システム不調”とかで、インターネットの予約ができず、電話がつながらなくって本当に大変だったとか。
とにかく、予約はネットでしましょう。6ヶ月前からです。
ちなみに、もう年末年始、クリスマスのホテルは満室のようです・・・。

b0002142_1530981.jpg
b0002142_15303157.jpg
b0002142_15305422.jpg




私たちが泊まったのはスーペリアルーム。スタンダードルームがすでに満室だったからです。
さらにお得なチケットと組み合わせてあったりのお得なプランなども用意されてはいるのですが、すでにSold Out.まぁ、部屋が残っていただけでも良かったです。

スーペリアルームだったからか、部屋は5Fで、中庭に面していて窓からの眺めも良かったです。スタンダードルームとの違いは若干部屋が広いのと、ソファーがあるということでしょうか。

アンバサダーホテルにして良かった点、改善して欲しい点

☆良かった点

・部屋がきれいで、清潔感があった。
・TDLを途中退場しても部屋に戻り、また再入場できた。
・特にお風呂は流すスペースがちゃんとあり(座椅子までありました)、子どもと一緒でも広めのバスタブで疲れをゆっくり癒せた。
・ベッドの固さもちょうどよかった。
・甥っ子の誕生日を伝えていたら、朝留守番電話のテープにミッキーからのお祝いのメッセージが!これには甥っ子(6歳)は大感激。
・イクスピリア(ショッピングセンター)に隣接していたので、ホテル以外での夕飯、朝食や飲料の調達が楽だった。
・娘が熱が出たが、体温計、氷枕など迅速に準備してくれて助かった。
・TDLでの買い物はレジで預かってくれてjホテルまで届けてくれ、
お土産を持ち歩く必要がなく楽だった。
・TDL、TDSまでは無料シャトルバスがあり、便利。
・羽田までのバスもホテルから出ていて、予約をしたら荷物も出発まで預かってくれ(その後、TDSで2時まで遊んだ)バス乗り場まで届けてくれて楽。
・チェックアウトはカードを登録していれば、する必要なし。

●改善して欲しい点

・チェックインできるのが3箇所だけは少なすぎる。混雑する日はすごく待たされるらしい。
(待つ間のために、ディズニーアニメが放映されているコーナーがありますが)

しかも、部屋のサブキー(私の分)をチェックインした後、部屋に案内されたときに、
「追加で部屋カードが欲しい場合は、発行できます」と教えてくれるとは!
チェックインのときに、なぜ「もう一枚作りますか?」と言わない!?(チェックインカウンターが混むから時間の節約か?)
おかげで、熱がある娘を置いて、買い物帰りに再び並んで(5人くらい待った)サブキーを発行することに。

・ホテル内の食事が高い(まぁ、これはどのホテルでもいえることですが・・・)

さらにこれは裏情報ですが、
アンバサダーホテルでもTDLの花火が見えます。2Fにあるプールからはきれいに見えるそう。(ホテルの人に確認しました)
中庭でも花火の音がしたときに、観ている数人の人がいたので、見えたかも。
聞けば教えてくれますが、混雑を避けるためなのか、チェックインのときには教えてもらえず・・・。慌てて花火の音がした時に、中庭に下りたけれども間に合いませんでした。


アンバサダーホテルの目玉といえば・・・
[PR]
by peartree22 | 2007-09-26 15:11 | 子連れ旅

子連れにもけっこう楽しいTDS(ディズニーシー)

子ども連れはTDL(東京ディズニーランド)、大人向けのTDS(東京ディズニーシー)と、よく言われてますが、ディズニーシーは、子連れにもむっちゃお奨めです!

b0002142_8242561.jpg


今回ディズニーシーは最終日の2時まで(パレードが見れず)の滞在だったので、TDLの昼、夜と完全に比べることはできませんが、平日の真ん中の水曜日ということもあったのでしょうけれど、
朝から行ってもすいている!!!
人気のあるインディ・ジョーンズやレイジングスピリッツは身長制限のため小さい子どもは無理だったので、チェックしていませんが、たぶんさほど待たなくて良かったと思いますよ。

私たちはまず、10:00スタートのミート&スマイルを観賞。海からミッキーやミニーたちキャラクターがやってきて歌とダンスを披露してくれます。
このショーを観た後は、ディズニーシー・エレクトリックレールウエィに乗って、ポートディスカバリーへ移動。
エレクトリックレールウェイはまぁ、単なる電車で、移動手段にすぎませんが、小さい子どもにとっては楽しい乗り物です。この日もいいお天気でしたが、海が近いということもあり、涼しく気持ちよかったです。歩くのもいいですが、やはり子連れならこのような移動手段を使った方がいいかと。

ポートディスカバリーでは、電車から見えていたアクアトピアに乗る事に。
b0002142_831564.jpg

自分で運転するわけではないのですが、自動でくるくる回ったり、滝に突進しそうになったり(時には滝の裏側を進むこともあるそうです)、渦潮に巻き込まれそうになったりというアトラクション。3歳未満のお子様は利用できませんが、私たちは娘と私、甥っ子と妹というように別れて乗ったので、お互いの乗り物が近づいたり離れたりするのも楽しかったです。
ただし、やはり乗り物酔いする場合もあるかと思いますので、乗り物に弱いお子様は要注意かもしれません。(娘もちょっと気分が悪いって言ってました。私もですが(笑)
まぁ、海の近くなので、降りた後は風に吹かれて気持ちがいいので、すぐに気分は回復しましたが。

続いては、歩いてマーメイドラグーンへ。”リトルマーメイドと仲間たちの愉快な海底王国”なので、、中心は、トリトンズ・キングダムという屋内施設です。この屋内施設には子供向けのいろんな遊び場があって、特に娘は、アリエルのプレイグラウンドを楽しみました。
甥っ子と妹はワールプールというコーヒーカップに乗りました。
b0002142_8355240.jpg

b0002142_8363083.jpg


そして、娘が一番喜んだのが、フラインダーのフライングフィッシュコースター。
1分ほどの短い子ども用のジェットコースター(3歳未満は利用できません)ですが、
けっこう大人も楽しめました。これもまったく並んでいなかったので、2回も乗りました。
(何回でも乗れそうなくらいすいていました)
b0002142_8365062.jpg


ここからは、ディズニーシートランジットスチーマーラインで、メディテレーニアンハーバーへまた戻りました。
アラビアンコーストにも
子供にお奨めのアトラクションやショーがあったようなのですが、
今回は時間がなかったので行きませんでした。

最後は、ゴンドラに乗りました。ゴンドラからのシーの景色、なかなかでした。海の真ん中にもいけますし。もちろんこちらも並ばず乗れました。
b0002142_10574960.jpg


ディズニーシーはランドに比べてゆったりのんびり楽しめたような気がします。
次回行くときは、1日滞在したいなぁと思ったのでした。
[PR]
by peartree22 | 2007-09-26 08:00 | 子連れ旅

TDL(ディズニーランド) 3歳児お奨めアトラクション&ショー

24日に続き、25日は9時前にTDLに到着。(ちなみに8時半会場でした)
す、すると!
なんですかー!!!
今日は平日ですよね。平日!と我が目を疑う光景が・・・。
b0002142_1820138.jpg


入場する人の列があったのです。これっていつもですか?(って誰に聞いてんだ、私)
私たちは日付入りの3Dayチケットを持っていたのですが、その列も長いのです。
チケットを買う列はもっと長かったのですが、すっと入れると思っていた私たち。甘い?

昨日、トゥーンタウン中心で遊んだので、今日私と妹が立てた計画は、

①プーさんのハニーハントのFPを取る。
②ウエスタンランドで蒸気船マークトゥエイン号、時間があればトムソーヤ島
③昼は予約していたレストランでショー&食事(11時50分から)
④昼のパレード(13時30分)を見学
⑤昨日乗れなかったトゥーンタウンのガジェットのコースター
⑥夜の前に一度ホテルに戻り、休憩
⑦6時の夜のパレードと花火

まずは、妹がぷーさんのハニーハントのFPを取るために、先に入場しました。
私と娘はベビーカーを借りる場所へ。昨日2日分レンタルにしておいて、本当に良かった。
やはりベビーカーを借りる手続き(要は700円のお金と名前を書く用紙をもらう)を待つ列がありました。

さて、妹たちが並んでいると思われる 「プーさんのハニーハント」のFPの列へ行くと、かなりの列ができていました。さすが人気アトラクションです。
30分くらい並んでようやく15時~16時のFPをGetしました。昼前には多分FPもなくなったのではないでしょうか。

FPはチケットを取ってから2時間は次のFPは取れません。甥っ子は「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」もやりたがっていたのですが、もちろん人気なのでこれも昼にはFPなくなっちゃうでしょう。普通に並んで待つ人、この時点で140分待ちだったので、もちろん並びませんでした。

前日は雨も降り、曇りでしたが、その日はお天気。並ばずに乗れる乗り物、涼しい場所として、私たちがその後向かったのは、ウエスタンランド
蒸気船マークトゥエイン号に乗りました。

待ち時間は船が到着するまでで、まったく並ばずに乗れました。
まぁ、単なる船でアメリカ河を一周するだけなのですが、
船の中からトムソーヤ島の様子がよく見えます。乗車時間も3歳児が退屈しないぎりぎりの時間で、まぁ、娘も船に乗ったと喜んでいました。

トムソーヤ島、行きたかったのですが、11時50分から「ポリネシアンテラスレストラン」で「リロのルアウ&ファン」を予約していたので、その間の時間つぶしとして、レストランと同じアドベンチャーランドにある「ウエスタンリバー鉄道」へ。
こちらは15分待ちで、運ぶ人数も多いので、待ち時間は楽でした。

ちなみにジャングルクルーズは40分待ちでしたので、パスしました。

ウエスタンリバー鉄道は、単なる列車で(笑)、しかも見える景色は蒸気船マークトゥエイン号と重なるので、「あれれ?」てな感じでしたが、最後の最後にはお楽しみが。なんと、最後に恐竜の世界に行っちゃうのです!(笑)。
恐竜が今一番大好きな甥っ子は大喜び。乗る前は「電車なんか乗りたくない!」と言っていたのに、「もう一回乗る!」(実際夜もう一度乗りました)
恐竜好きの幼稚園くらいの子をお持ちの方、ぜひ。

娘は甥っ子の恐竜好きにこれまで感化されていたので、平気でしたが、もしかしたら暗いところや恐竜を怖がる小さい子は要注意かもしれません。

さぁ、ランチは・・・
[PR]
by peartree22 | 2007-09-25 17:39 | 子連れ旅

初TDR(東京ディズニーリゾート)② ハッピーハロウィン

今回、3歳児(娘)、6歳児を連れてのTDL。3歳児はもちろん6歳児にも行列に並ぶのは至難の業なので、無理なものは乗らず、パレードなどを間に挟みつつ楽しむことに。

ハロウィーン期間の昼のパレードは、「ディズニー・ハロウィーン・ハッピーホーンテッド・パレード」。ホーンテッドマンションから飛び出した幽霊たちとディズニーキャラクターたちがランド内に飛び出してきたという設定。ある”ミッション”をクリアーするためにダンスします。1時間前から場所取りする方も多いですが、私たちは始まるちょっと前
(ダンスの練習が始まる頃)くらいから並びました。場所がミッキーやミニーが止まる所ではなく、列の最後が見えるところ(グーフィーとプルート、3匹の子豚が台にのってます)だったからその時間帯でも2列目くらいでした。
b0002142_18425271.jpg


b0002142_18431614.jpg
b0002142_18435452.jpg



3歳の娘でもできる簡単な振り付けですし、なんといっても保育園ではみんなで
お遊戯することが苦手な甥っ子がめちゃくちゃはまって、1回参加した後は、パレードの曲が流れたら走って駆け寄るほど。
私もミュージカルが好きなので、前回行ったときもはまりましたが、
何度参加しても楽しかったです。

ちなみに4時台のパレードのときは、撮影するなら逆光にならない場所で!
私はこれを失敗しちゃいました(苦笑)。
[PR]
by peartree22 | 2007-09-24 16:42 | 子連れ旅

初TDR(東京ディズニーランド) ①熱発娘とトゥーンタウン

OL時代に会社の同期6名で行ったTDL(東京ディズニーランド)。
キャラクター嫌いでもちろんミッキーにもまったく興味がなかった私でしたが、行ったら行ったでけっこう楽しめた思い出あり。ちょうどスプラッシュマウンテンが建築中で(そう、ほんとうにかなり前です)、「またこれに乗りに来よう」と思ったけれども、結局行くことはありませんでした。

そんなディズニーとはかなり無縁な私ですが、子どもができて変わってしまったのか。
「息子の6歳の誕生日をTDRで」という妹に誘われ、3歳の娘とともに今回2泊3日、宿泊はディズニーアンバサダーホテルという豪華プランに便乗したのでした。

計画、予約等、すべて妹がやってくれたので、今回の旅の準備は時に妹に「ねぇ、○○は?
」などと確認するくらい。姉と違いきっちりしている妹にぽかはありません。
(妹よ感謝!)普段の家族旅行はそういったことが苦手な夫の変わりに私がやるのですから。
まず、チケットは3DAYの日付ありのものを。1日目と2日目はTDL(ディズニーランド)。3日目をディズニーシーにしました。

24日はややゆっくりめの出発にして、10時発のANAで羽田へ。
「飛行機に乗れるぅ」とはしゃいでいた娘だったのですが・・・。

この飛行機がかなり揺れてしまって、前日ちょこっと幼稚園の運動会に参加した疲れがあってか、娘は初の飛行機酔いに。普段は乗り物に乗るとすぐに寝てしまう娘ですが、「体調が悪い」と涙目になるほど。(着陸前は吐きそうで、私の服が汚れないか心配だった)。
羽田からはリムジンバスで直接TDLへ。びっくりすることに道もすいていて、30分ほどで到着。娘はバスに乗って眠ってくれて、「これで疲れが取れるかも!」と内心ほっとしていたのに、予想外の早い到着。20分という中途半端な睡眠でさらに、娘の体調は悪化のよう・・・。

TDLには12時35分頃到着。

「ついた!」と言うと、娘もぱっと明るくなって、ふうと一緒に小走りで入場。
b0002142_16524010.jpg

b0002142_1653090.jpg
TDLは今ハロウィーンの真っ最中なのです。知らなかったのですが、ディズニーファンにとって、ハロウィーンの時期はかなり人気のようで、24日は祝日でもあることかなりの混雑を予想していただけに、まずまずの混み具合でした。(午後からの入場だったからかもしれませんが)

妹はとりあえず、インフォメーションセンターへ荷物を預けに。私たち3人はまず、迷子になったときのためのシールをもらうために、ワールドバザールを抜けて、右を曲がったところベビーセンターへ。シールは、ミッキーかミニーかを選べ、顔の下に名前と親の携帯番号を書くようになっていて、名前と携帯番号はシールで隠せるようになっています。とりあえず、安心のためにお奨めです。

妹と合流してから、「ベビーカーにあーちゃんも乗りたい」という娘を連れて、700円のレンタルベビーカーを借りに、またエントランスへ逆戻り。
ここずっとベビーカーを使っていないし、けっこう歩くの大好きという娘。「べビーカー必要かな?」と思っていましたが、やはり3歳の足にはディズニーランドは広すぎました。体調が悪くなかったとしても途中で「歩きたくない」と言い出したに違いありません。
子連れなので、手荷物も多かったために、やはりベビーカーはありがたかったです。
これから行く予定の方で3歳以下の方は700円を出してでも借りた方が楽です。
(もちろん小さい赤ちゃんの場合は、お持ちのベビーカーがベスト。レンタルのベビーカーは、日よけはついていましたが、リクライニングができません)

一応年齢を聞かれますが、3歳と申告しても普通に貸してくれました。
B型なので、荷物を入れるスペースも大きく、便利です。またアトラクションに乗る場合は、そばにたくさんのベビーカーを並べて置いておくところがあるので(ちゃんとスタッフがいて、安心です)、大丈夫です。

翌日も確実に借りると考えて、2日分レンタルすることに。この選択は正解で、翌朝はベビーカーを借りる列がかなり長かったです。ベビーカーの後ろに名前を書いたA4サイズくらいの厚紙を入れることになっていて、これをまた持っていけば(なくした場合はレシートを)並ばずに、すいっと借りることができました。

娘は体調があまりよくなかったので、なおさらベビーカーを借りてよかったと思います。
また大人の速さで歩けますしね。

まずは人気アトラクションのぷーさんのハニーハントを覗いてみましたが、もちろんファーストパスはすでに本日分はなし。列も140分待ちとのことで、翌日挑戦することに。

そこで、小さい子どもが遊べるというトゥーンタウンへ。
ハロウィーンを意識した飾りつけは楽しめます。
b0002142_1548283.jpg
b0002142_1548293.jpg

b0002142_1653504.jpg


最初に行ったのは
[PR]
by peartree22 | 2007-09-24 15:46 | 子連れ旅