あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:読書( 3 )

今年も残り3日となり・・・

年賀状、昨夜ようやく書き終えた!と思いきや、娘が発熱。朝から「ほっぺが痛い」と大泣きするので、2週間前に甥っ子がやったおたふくがうつったかな?と自己診断。
風邪ぐらいではめったに病院へは行かない我が家。まだ小児科医が決まっていないのに、はっとしたりして・・・。
引越しして1年になりましたが、小児科医を決めていない親っていったい・・・・。

で、連れて行こうとしたら、「うんちが出そう。うんちが出てから行くぅ」と言うので、おなかをさすったり、「おっぱいさわらせてーー」と甘える娘に今日は菩薩の心で、おっぱいを触らせたり。
さすれば、そこには寝息を立てて眠る娘。2時間ほど熟睡しては、「うんちがぁ」と起きては泣くのに、連れて行こうとするとまた寝て・・・を繰り返して、行きそびれてます。

とりあえず、かなり雪日和で寒いので、このまま様子を見るかしら?
娘、鼻息少々立てながら寝ています。大物かな?

***********************************
今夜は黒豆を浸す予定。いつもは柳原一成先生のレシピで作るのですが、今年は土井義晴先生のレシピで挑戦しようかと。なんと煮汁で豆を戻すという逆転の発想的なレシピ。こうするとふっくら豆が戻り、中にじんわり味がしみるとか!
2年ぶりに御節を作るので、ちょっと張り切っています。(レシピは去年のおかずのクッキングから)1年温めてました。

土井先生の明るさ、ほがらかさ、しょーもないギャグ、大好きです。料理人にお笑いを求めちゃいけないけれど・・・。でも先生が作る料理、やってみると簡単でおいしいんですよねー。
[PR]
by peartree22 | 2006-12-28 16:15 | 読書

胃は語る 娘の熱発で確認したこと

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報
娘の熱は1日で下がったのですが、興味深いことがありました。
なかなか39度から下がらなかった熱が、大量のウ○○をしたとたん、下がったのです。

ちょうど、母が買っていたこの本「病気にならない生き方 ミラクルエンザイムが寿命を決める」を読んだばかりだったので、「娘も毒素が胃に溜まっていたのかなぁ?」と思った次第です。1日お通じがなかったのでした。

実は3年前、私は大腸にポリープができ、内視鏡で切除したことがあります。
先生によると「普通なら癌になっていてもおかしくない大きさ」だったとのこと。
思い当たる原因は、アメリカへ渡り食生活が肉食中心になっていたのが多分・・・。
ワインもビールも毎日がんがん飲んでいましたし(笑)。

母が添加物や自然食に早くから目覚めていたので、子供の頃から割りと安全と思われる食生活を過ごしてきました。が、この本を読んでさらに考えさせられました。
でも、実践はなかなか難しいというのも正直なところ。

とりあえず、野菜はなるべく農薬や化学肥料を使っていないもの、肉や卵は抗生物質、薬品を食べさせていないもの、魚は天然物、加工食品はなるべく使わない、使うときは添加物をチェックなど気をつけています。

でも、なかなか改善されないことも。

たとえば、前々から「牛乳は飲まない方がいい」と知っていたものの、やっぱりこの本にも分かりやすく牛乳のもたらす害が書いてあり、牛乳好きの私にとっては「あぁあ・・・」とため息。
最近は3日か4日に1回くらいと牛乳を飲む量を減らしてはいるものの、ホワイトシチュー、ホワイトソースのグラタンなんて大好物だし、チーズも大好き。

そして、最近復活しつつあるアルコール摂取・・・。

結論は、完璧を目指さず、自分の出来る範囲で取り入れていこうということ。
ストレスにならない程度が一番ですものね。
なぜなら独身時代の一時期、神経質になるあまり「何も食べられないじゃん!」と
パニックっぽくなったことがあるからです。

お肉が夕飯のメニューに週3回以上は登場する我が家。
これはちょっと見直さなきゃ・・・ととりあえずはできることから少しづつ。
[PR]
by peartree22 | 2006-03-28 17:05 | 読書

梅雨が待ち遠しい

今朝のニュースで「梅雨について」というテーマで街角インタビューがされていた。
大半の人は「梅雨は嫌だねぇ」という人がほとんど。私も晴れの方が好きだけれど、今は梅雨が待ち遠しい。どうしてもお天気だと「ありちゃんを散歩に連れていきたいなぁ」と思うし、何より洗濯やお布団干しで朝からフル騒動だから。

雨が降ってくれれば心置きなく洗濯物は乾燥機に任せ、外に出ることもなく、本を読んだりビデオを見たりできそう。(もちろんありちゃんがおとなしくしてくれれば・・の話だが)

今年は戦後60年ということもあり、読んでみたい本もそちらに偏りがち。また出産してからやはり女性が書いたもの女性の生き方に興味あり。

b0002142_15211220.jpgそうそう、2006年映画公開前(アメリカでは2005年12月公開予定とか)にもう一度、子供の頃、わくわくしたナルニア国物語も。おっと、アメリカにいたときに買ったペーパーブック、最初の10ページまでしか読んでないぞ。

読みたい本はたくさんあるけれど
[PR]
by peartree22 | 2005-06-12 15:20 | 読書