あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

初めてのさくらんぼ狩

我が家の近所はまだ田んぼが広がり(最近は埋め立てられて住宅地になっている箇所もありますが)、今はたんぽぽの綿毛飛ばしやてんとう虫探しが日課?の娘。
最近、近所のお友達に触発されて、三輪車から自転車にランクアップして、ますます活発に遊びまわっています。

今の場所に引越しをしてきたのは娘が1歳4ヶ月の頃。会津時代は町中で、自然が豊かとは言えなかったのですが、ご近所づきあいが健在で、アネネの成長を我が孫のように楽しみにしてくださる方が絶えず声をかけてくださる日々でした。
そして、今はご近所の”お花のおばちゃん”がアネネの成長を毎日暖かく見守ってくださってます。マンションのすぐ目の前にお住まいのその方の庭は、一年中いろんな花や野菜が私たちを楽しませてくれています。
アネネはおばちゃんの姿が見えると「おばちゃーーーん」と駆け寄り、自分の庭のように走り回ったり、時には花を植えるお手伝いをさせてもらったり。花を見ると「かわいー」とすぐに駆け寄る娘になったのは、きっと”お花のおばちゃん”のおかげといつも思うのです。

夏日のようになった8日。近所のTくんと遊んでいたアネネをおばちゃんが「おいでー」と
呼ばれるではありませんか。前々から「赤くなったらあげるね」と言ってくださっていたさくらんぼのいよいよ収穫のようです。
まだ植えたばかりの木なので、実は小さいですが、つやつやとした色に子どもではない私も内心わくわく。
b0002142_1724397.jpg

b0002142_173698.jpg

b0002142_1732337.jpg


まさか、鹿児島でさくらんぼ狩りができるとも思いもよらず(笑)。
毎年さくらんぼは山形のものを”旬のものだから”とちょっと贅沢気分で取り寄せしていますが、今年の初物はどんな桐箱入りのさくらんぼより(といっても桐箱入りを食べたことはないです。笑)、貴重で大切で味わい深いものになったかと思います。
[PR]
by peartree22 | 2008-05-08 16:52 | 子供と食べ物