あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

セルフヒーリング。思い立ったその日から

一昨日の土曜日の明け方ごろから、「おや、のどがおかしいぞ?」。風邪が毎回のどから来るので、急いで塩水うがいと葛を飲み、金柑を食べ、ひとまずのどの痛みを抑えました。
しかし、日曜日の昼過ぎくらいから鼻水が少しづつ出始め、夕方ごろにはティッシュを手放せなくなり、今朝はもうくしゃみ、鼻水の嵐、嵐。
先週は娘が鼻かぜ状態が続き、ようやくそれが治まったと思ったら、私の番でした。

今年は風邪をひかずにすみそう・・・と思っていたのに、油断しました。

しかし、じっくりと思うと、このところの食生活といったら、マクロバイオティックでいうバランスの崩れた食生活が続いていたのです。
まずは、極陰の食べ物=チョコレートを毎日3粒~多いと5粒。
しかも先週はアルコールを飲まなかったのは2日だけで、
バレンタインデーの日は赤ワインをグラス3杯くらいは飲みました・・・。

日曜日の昼下がり、夫が娘と散歩に行っている間、鼻をずるずるさせながら、
これまで実践へと移せなかった「マクロビ」が頭をよぎったのです。
The Self-Healing Cookbook
Kristina Turner / Earthtones Pr
スコア選択:

時々、思い立ってはこの本は読んでいたのですが、本格的に実践したことはなく。
実は一週間前、夫は尿管結石となったばかり。
やはり、これは食生活のSOSなのかも!

思い立ったが吉日。
その日の夜は私の体調がひどかったので、簡単に
野菜たっぷり葛でとろみをつけた煮込みそばを。私はもちろんアルコールなし。

食後、夫に今私が思っていることを伝え、これから数日間、ちょこっと体内清掃もかねて
ゆるいマクロビ(肉はなし、魚はOK。野菜はこれまで通りたっぷりと。ご飯は玄米の割合を増やして)をしていことを伝え、協力要請をしたのでした。
夫は職業柄アルコールを飲まないということは難しいので、ただしばらく相手ができないこと
(これは妊娠・授乳中に経験済み)を伝えました。
元々夫は料理に文句を言う人ではないので、すんなりOK。
ただ、彼にもストレスがかからないようにはしたいので、
肉が食べたくなったら正直に言ってもらうことに。
また彼へのお弁当のおかずとして入れたりしようと決めました。

我が家は普段の朝はほぼ「ご飯と味噌汁」のみなので、これは問題がありません。
(月に2~3日がパンです)
おかずがない代わり、味噌汁は4,5種類の具沢山にしています。
娘と夫は「梅干」「ふりかけ」「のり」を選ぶこともありますが、私はこれらがあまり
好きではないので、本当にご飯と味噌汁だけで終わりです(笑)。

休日はこれに目玉焼きか卵焼き(実は私は卵も好きではない)、
こうして書くと、朝はマクロビクリアーしている(笑)。
b0002142_17295543.jpg

今日の昼は「チリメンジャコと大根の葉っぱのチャーハン」と朝の残りの味噌汁(笑)。
ご飯は我が家は玄米のみは夫が苦手なのと、娘には少し強すぎるので、発芽玄米を白米に混ぜ、雑穀を混ぜたご飯です。

まぁ、昼もいつもこんな感じで、麺類か晩御飯のおかずがあれば、それとご飯。

問題は夜。考えてみれば、夜に食べすぎです。
とりあえず、いきなり野菜スープだけは夫にはかわいそうすぎるので、
イカの一夜干しと刺身を出すことに。あー、日本酒が飲みたくなりますね(笑)。
でも、美味しい日本酒が今我が家にストックがないので、これも大丈夫かな?
魚の時はビールは飲みたくないので、私も大丈夫そうです。
魚料理を増やせば、ビールは私も夫も飲みたくないのです(生臭く感じるから)。

とりあえず、22日が誕生日なので、それまで続けてみます。
22日の夜は夫が「外食しよう・・・」とせっかく言ってくれているので。
(あぁ、もうこれだから誘惑に弱くってだめです)



おかげさまで、食べることが大好きな娘。
野菜大好き、乾物大好き、肉も魚も・・・と好き嫌いはほとんどありません。
ご飯もおにぎりにしたら朝から3つほど平らげるほど、食欲旺盛。
実家の母や妹には「ミニギャル○○ちゃん」と呼ばれているほどです。


が、これまであまり口にしていなかった市販のお菓子にも同じように、いえ、それ以上に興味を持つように。ただ、今までスーパーなどに行っても買ってもらった経験が少ないので、欲しがることはしません。(私が嫌な顔をするのも分かってきているのでしょう)
スーパーに入ると、いちもくさんにお菓子コーナーに行きます。小さい子供用のカゴを持って(笑)。で、「あーちゃんね、見てるだけだよ」と。
週1度行く幼稚園入園前クラスではおやつの時間があって、娘はそこで2,3市販のお菓子の味を覚えてます。
前回も鼻かぜでしんどうそうで、最初は「あーちゃん、今日はお休みする」と言ったのに、
「やっぱり行く!」。理由は「今日はおやつの時間があるかもしれないから!」(先週はなかった)
「え?でも家にもグリーンコープのお菓子はあるし、まだチョコレートもあるじゃない」と
言うと、「あーちゃん、幼稚園のお菓子好きなの!」と着替え始めました。

そして、クラスへ。
「先生がね、おうちでお母さんがいいよっていったら食べていいって」とにこにこ手にして
塩せんべいを手に図書室で待っている私のところへやってきました。
家に帰ったら、すぐさまぺろりでした。

土曜日、スーパーに行く時に車の中で、「ねぇ、お母さん。怒らないでね。
あーちゃん買いたい物があるのー」。「何?」「えっとね。それを手にしたら読まないで欲しいの」。
察しがつきました。もちろん買いたいものはお菓子です。
きっとこのところずっと見ている、ピンクのものでしょう。

私がいつも裏の表示を読んで、「これは・・」とNOサイン出すのを、
事前に阻止しようとしています。
「でもね、いちおうどんな物が入っているかなぁ?まだあーちゃんのように小さい子が食べると、お腹の中の小人さんが『これは僕たち小さくできないよー』
っていうのが入っているかもしれないから、読んで確認しているんだよ」
「んー、そうなんだけど、今日だけは、ね」
「じゃあ、読むけれど、今日はあーちゃんが欲しいもの、買ってもいいよ」
「え?ほんと?特別だよね(私がお菓子を買う時やジュースを飲むときは、この『今日は特別』と言うので」

娘が食べたかったものは、やっぱりグ○コのカプリ○○コ苺味でした。

家に帰ってからの娘の幸せそうな顔。
「お母さんはこれ、苺は入っていないんだよーって言ったけれど、苺の絵がかいてあるもん!」とむしゃむしゃ「すごく美味しいーーー(涙)」と全部食べてしまいました。

私自身、「市販のお菓子は添加物がいっぱい入っている!」と
禁止されて育ってきました。
6歳下の妹が生まれたときからひどいアトピーで、元々自然派だった母は
さらに食生活を見直しました。
母の手作りのパン(当時まだ普及し始めたホシノ天然酵母で)や
お菓子、すべて手作りのおかずは本当にありがたく美味しかったけれど。
(もちろんおこずかいで母にこっそり買って食べたこともありますし、
遠足の時はとりあえず買ってOKでした。特別に。
母の手作りクッキーも持たされましたけれど)

その反動で、大学生になり1人暮らしをするようになってから、
禁止されたあらゆる食べ物を食べまくりました(笑)。
お菓子はもちろん、カップラーメン、
お茶漬けの素、市販のインスタントラーメン、レトルトカレー、
肉まん、あんまん・・・・(笑)。
ファーストフードのハンバーガーも(まぁ、私の住んでいた近所に
なかったということもありましたが)、フライドチキンもドーナツも
初体験は大学生の時でした。

そんな経験があったからこそ、あまりなんでもダメ!とは言いたくはありません。
食べ物に「善・悪」はつけたくないなぁと思っています。
それが美味しいと思う人もいるわけだし、それを作っている人は「毒」とか
「いけない食べ物」と思って作ってはおらず、「美味しい」と言ってもらいたいと
思って作っているはずだからです。

3歳まではまだ「自我」というものがあまりなく、親が与えているものを食べさせられていたので楽でした。少しづつ成長するとともに、「自我」を「言葉」で表現、伝える術も覚え、誰に似たのか、反論する言葉も3歳にしてはめちゃくちゃながらその勢いはすごく・・・。

ただ、まだ3歳。自分で体に優しい食べ物を選べる年齢ではないし、
味覚が確立されているとは思えません。
かといって、あまり極端にだけは走るまいと、その指針がぶれるこの半年ほど。
時に娘が私がつい言ってしまった「これは食べると良くないんだよねぇ」とか、「これ、『まっず!』」(不味いのこと)なんだよねぇ」「本当の色じゃないんだよねー」と店内で商品を前に大声で言っている姿を見ると、それを「買おう」としている人にとにもかくにも失礼であって・・・。

その反面チョコがすき!とこんなときは娘にもOKを出す親の身勝手さも反省もこめて、
自分自身がもう一度体の声に耳を傾けるべく、ゆるゆるではあるけれども「マクロビ」なるものをちょっと短期間でもやってみようかと思ったでした。

マクロビを日々実践されているMiyukiさんのブログの甘く、優しく、穏やかに (番外編)にも考えさせられました。
子どもに食を伝えていく大切さ、難しさはいろんな方が感じていることなのだなぁと
(彼女の悩みとは逆なのですが)、勇気も持ったりして。
そして、まだ娘との付き合いは3年。スタートしたばかりだから、その時点ばかりで判断することのないよう、長い目でもう少しおおらかに接していこうとも思うのでした。
[PR]
by peartree22 | 2008-02-18 22:17 | ゆるゆるマクロビ