あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

さよならだけど、子供たちはいつもの通りで

b0002142_17113774.jpg

同じマンションに住むりんちゃん&れんくん姉弟が引越ししていくことになった。
幸いにもここ数日お天気で、子供たちはいつもの通りに遊び、またいつものように「また明日ー」とお別れする日々であった。
でも、今日は違う。明日はもうりんちゃんとれんくんはいないのだ。

「今日お引越しするんだよぉ」と娘に言うと、娘は何を思ったか、NHK教育TVのお母さんと一緒で歌われていた歌を歌いだした。「さよなら、さよなら、白い友達。また会いましょう友達」
これは雪のことを歌った歌なのだけれど、「へーー、なんだかぴんと来るものがあるのかしら?」なんて親ばかながら感じ入る私。でもそれは間違いで、すぐに娘は「引越しって何?」といつものなんだろうちゃんになっていた。

ちゃんと実感できているのは4月に小学生になるりんちゃんと年長さんになるなっちゃんくらい。れんくん(4歳)も「お引越しするんだー」とは言っているけれど、それが仲良しのこうちゃん(3歳)と明日からは遊べなくなるというのは、なんだかよく分かっていないみたい。

で、今日は引越しの大きなトラックが、いつもの遊び場であるマンションの駐車場に止まっているので、子供たちは近所のみーやちゃ(4歳)んの家の庭で遊んでいる。

「おやつよー」とみーやちゃんのお母さんが子供たちにはペットボトルにお水を入れて、かわいいキャラクターのコップを人数分用意して運んでくれた。
りんごに、スナック菓子、チョコレートクッキー・・・。大人もよだれが出そう。

すると、ほーら。始まった。
「みーやがついであげる」「私が!」とりんちゃん。「私も!」となっちゃん。
そう、みんなペットボトルからお水をコップに注ぎたいのだ。
「はーい、自分のは自分でつげばみんなできるよぉ」と提案しても、聞いてはいない。
「やってあげるっていっているのに」と譲らない。

わが娘アネネは、険悪なムードのお姉さんたちは目に入らないかのように、
ちゃっかり「いただきまーす」と一番にりんごを食べている。あ、もう2個目に突入。
こうちゃんは「僕、1人で剥けるんだよぉ」と得意げにチョコレートクッキーのパッケージを空け、袋ごと口に入れてべたべたさせながらも美味しそうに食べている。
その隣では、れんくんがついでもらったお水を「美味しい!」と飲んでいる。
けんちゃん(1歳)はというと、おやつには目もくれず、ジョウロに水を入れて花に水遣りをしている。

やっとお姉さんたちが治まったと思ったら、こうちゃんが「開けてあげるって言っているのに、いぢわる!」とれんくんを叩いた。
どうやられんくんのチョコレートを開けてあげようとしたらしい。
「りんちゃんに開けてもらいたいの!」とれんくんは隣のお姉ちゃんに助けを求める。
もう一度こうちゃんがれんくんを叩いたので、れんくんはとうとう泣いてしまった。

こうちゃんのお母さんが、「いっつもこうちゃんにやられてばっかりだから、れんくん、今日は最後だし、やり返していいんだよ」とれんくんにエール?
すると、れんくんがこうちゃんの背中をぐーで叩き、「こっちへおいで」と椅子から離れて、なにやらカンフーの格好をしてこうちゃんを待ち構えている。お!いつも泣いてばかりのれんくんが。
すると、こうちゃんは意外にも泣き出してしまって、戦はずして白旗を揚げてしまった。

そうするうちに、引越しの準備は着々と進み、子供たちはいつもの駐車場へ移動。

しかも娘は私が洗濯物を取り込みに家に入ったときと同時に、疲れて寝てしまったので、結局「ばいばい」をちゃんとできぬまま。

他の子供たちは元気に遊びまわっている。
りんちゃんはお父さんが帰ってきて、一緒に家に入ってしまった。何事もないように。

そして、夕方5時になり、お母さん同士でお別れの挨拶をしていたら。
なっちゃんとみーやちゃん、ふとしたことがきっかけで、取っ組み合いの喧嘩に。
二人とも髪をひっぱるわ、顔をつねるわ、叩くわと「女子プロ顔負けだねぇ」となっちゃんのお母さん。ちょっと心配そうなみーやちゃんのお母さん。でも二人とも「納得するまでやりなさい」と肝っ玉母さんなのです。
二人とも大声で泣き喚きながら、すごい形相。

最後のお別れなんてなんのその。こうちゃんは「おかあさーん、なっちゃんが、なっちゃんが」と心配して泣いちゃうし、私たち母親もどうなることかと息を呑んで見守って。
しばらくして、止まりそうもないので、なっちゃんのお母さんが「はい、もう、いいね。二人とも」とようやく二人を引き離して、終了。
なっちゃんは「ごめんね」って言えたけれど、みーやちゃんは悔しかったのか、お母さんの足にしがみついて泣いて結局言えず。なっちゃんは「みーやちゃんはごめんねって言ってくれない!
」と怒って家に帰ってしまった。

最後の日だったけれど、子供たちはいつもの通り。
遠くへ行くわけでもないから、また会えるといいね。
ううん。またきっと会えるから。
[PR]
by peartree22 | 2007-03-30 16:17 | 育児