あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

レモンカードとスコーン

1月から我が家で眠っていた父の農園で収穫されたレモンたち。せっかくたくさんあるのだから、前々から作りたいと思っていたレモンカードをようやく作ることに。みかみかさんのブログやみわさんのレモンカードを見てようやくに。

みわさんの真似っこ。作る前に道具たちをズラリ。
b0002142_17944.jpg


レシピはあちらこちらで調べて、自分の都合の良いようにアレンジしてみました。



b0002142_1710496.jpg


と、ドキドキしながらでしたが、ちゃんとできあがりました。
ただ、ちょっと砂糖を控えすぎたために、ちょっぴり酸味が強かったかも。湯煎の途中で味見して、酸味が強かったので、別のレシピで見かけた蜂蜜を小さじ2ほど加えましたが・・・。
元のレシピ通り、砂糖は120gでいいかもしれません。

※砂糖の量は他のレシピをいろいろ見た結果、もう少し多めの180gくらいでもよいかもしれません。(レモン汁100ccに180gというレシピもあり)なお、卵は2個だとさらっとしたできあがりになります。湯煎にかける時間にもよりますが、とろっとしてきたな?くらいでやめるとよいです。
ちなみに私のレモンカードは冷蔵庫で保存していたら、かなり固めのジャムっぽくなりました。
とにかくレモンカードで検索したら、いろんなレシピがあります。



レシピと作り方は以下の通り。

材料
レモン3個(約180cc)、バター45g、砂糖100g、卵3個、蜂蜜小さじ2(甘さが足りないと感じたので、後で追加。それでもまだ酸っぱかった)

作り方
①レモンはよく洗ってから水気をふき、ハンドジュウサーで絞って漉す。レモン絞り器を使う場合は絞る前に皮を摩り下ろし、それも加える。
※レモンの皮のすりおろしを加える理由については、こちらを参照

②卵を割りほぐし、こして耐熱ボウルに入れる。
③バターは湯煎か電子レンジで溶かしておく。
③②に砂糖を加えよく混ぜておく。さらに③、①を加えてよく混ぜる。
④鍋(ボウルのサイズに合うもの)にお湯を沸かし、50度くらいになったところで、③のボウルを湯煎にかけて、もったりするまで全体を均一にかき混ぜる。途中で熱くなるようだったら、ボウルをはずして混ぜる。

レモンカードができたので、やはりここはスコーンと食べたくなって、スコーンも作りました。
スコーンのレシピはアイルランドのB&Bのもの。
b0002142_1724266.jpg


全粒粉と薄力粉を半々にして、素朴な感じに仕上げました。

スコーンのレシピ

材料(4~5人分)

薄力粉+全粒粉:400g(薄力粉400gでも可。薄力粉と全粒粉の割合はお好みで)、塩小さじ1、砂糖小さじ2、ベーキングパウダー小さじ2、卵1個、無塩バター30g、牛乳1カップ(または牛乳1/2カップ+ヨーグルト1/4カップ)

作り方
①ボウルに粉、塩、砂糖、ベーキングパウダーを入れ、小さくさいころ状に切ったバターを加えて、指でバターをつぶしながら、粉類になじませる。
②①に卵を割り入れ、牛乳(ヨーグルトを加えるときは、ここで)を加え(※まずは2/3
ほど加えて、生地があまりべったりとならないようにしてください
)、木べらで混ぜ、まとまってきたら手で荒っぽく混ぜる。丁寧にこねなくてもよい。
③四角くまとめて、打ち粉を振った台に載せ、綿棒で厚さ2cm程度に伸ばす。
④ナイフで5×5cm角に切る。(丸くくりぬいてもよい。きれいな焼目をつけたければ、焼く前に表面に卵を水で薄めたものを塗る。)
⑤オーブンシートを敷いた天板に並べ、220度に予熱したオーブンで15分焼く。
[PR]
by peartree22 | 2007-03-24 17:35