あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

”ほっとけぶり”クッキング 塩豚

娘のトイレトレーニングが始まり、普段より時間を気にする日々が続いています。
とはいえ、元々はのんきな性分なので、1時間半から40分ごとに時間をチェックするつもりが、うっかり忘れてしまうことが多いのです。「お母さん、ちっちでたよー」と娘の事後報告に、「あら~、もう出ちゃったのねぇ」とトイレにとりあえず連れて行っておむつ交換。そんなわけで、なかなか成功には程遠いのです。

時間ばかり気にして暮らすのはせわしない。そんな時こそ料理ばかりはなるべく手抜きが時の流れに任せて美味しくなるものを・・・と選んだのが、高山なおみさんの塩豚。NHK今日の料理2004年8月号より。

材料は、豚肉肩ロース500グラムに対して塩大さじ1/2。これだけ。
注意する点は新鮮な豚肉を使うことと、塩を刷り込む前に肉の水気をふくこと。
高山さんのレシピは普通の塩豚より塩が少なめ。空気が入らないようにぴっちりラップで包み、さらにビニール袋に入れて、冷蔵庫で待つこと3日・・・。



半分の250g分をやや薄く切って、焼くだけ。グリルパンで焼いたら、脂分がほどよく抜けて、いい感じに。ネギを軽く炒めて上にのっけて、黒胡椒ガリガリ。
b0002142_15493228.jpg


塩加減ばっちり。(多少端っこは塩分強めでしたが)なーーんにも味付けいらないとは本当に。本当は野菜とポトフのようにゆでて、滋味をさらに味わいたい!と思っていたのに、だんなが「明日も焼くのでいいや!」。普段はポトフ派の夫にここまで言わせた塩豚。時間にゆだねる料理、これからもいろいろ挑戦したいです。この秋はそんな料理を”ほっとけぶりクッキング”と称し、いろいろチャレンジしたいと思います。

※”ほっとけぶり”:友人の発明した言葉。2001年末ごろから2002年にかけベイエリア一部地域で流行。「ほおっておく」という意味があるが、某氏によると、「無関心を装った関心という響きがあり、わび、さび、もののあはれなどと同じく、相反する要素を一種の美的感覚でひっくるめて結びつける、言ってみればすしのわさびのような役割」とも。
と言いつつも、私の”ほっとけぶり”クッキングはそのような高尚なものではありませんので、あしからず(笑)
[PR]
by peartree22 | 2006-09-09 20:48 | ほっとけぶりクッキング