あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

インフル、タミフルにやられてました

あっという間に3月も半ば。

2月11日に娘がインフルエンザにやられ、13日にはマニアル通りに私へやってきた
インフル君。

インフルエンザ検査、初体験の娘、しかも、2度もすることになったのです。
(1度目は発熱から12時間経っていたにもかかわらず、反応が出ず、
2日後熱が下がった物の、3日後再び熱が上がったので病院に連れて行ったら、
今度はくっきりと反応が出ましたよ)

あれは、かなりきつい。

でも、強がりな娘。
1度目はぴくりとも動かず、対応した看護士さんも「まぁ、こんなに我慢強い子は初めて!」と
たくさんほめてくれて。
「えー、もしかして、子供だと鼻の皮膚が柔らかいから痛くないのかなぁ?いいなぁー」なんて、
能天気に考えていた私。

で、2度目することになって、娘が涙目に。「だって、あれ、すっごく痛いんだもん。嫌だぁ」

あ、そうだったの・・・・。
2度目の時は夫も一緒だったので(私も熱でふらふらだったため)、夫がなだめ、優しく
対応して、なんとか検査できたのでした。

終わって「お母さん、私、もうぜったいに、あれは嫌だからねっ!」と念押しされたのでした。

で、娘はタミフルを処方され。

タミフルかぁ・・・・。

私も小児科で診察してもらい、間違いなくインフルエンザでしょうと、タミフル処方され。

いつもなら、我が家ではぽいっとゴミ箱へ行く薬の運命ですが、1週間後に迫った
娘の発表会と私の仕事。
今回は飲むことを決断しました。

娘は幸いにも副作用のような症状もなく、なんとか回復に向かいましたが。

私、熱が下がったにもかかわらず、世界が回る、立っていられないの初めて体験する
貧血?虚弱体質?の症状。
これって、副作用???
それでも翌朝も飲んでみたのですが、やはり同じ症状、いやひどくなったかも。
怖くなって、内科へ。

隔離のため、車で待ち、診察室で出されたのは、あの鼻用綿棒・・・。
「うぐぐぐぐ、いたーい」
娘の「痛いから2度といやっ」は、相当辛かったのねぇとようやく納得する暢気な母。
はっきりAに線。
タミフルは副作用が出たようですから、もう飲まないでください。
かわりにリレンザを出しておきます。
リレンザも同じ症状が出たら、すぐにやめてください。
薬は使い続けたらますます、副作用が強くなりますので。

もし、あのまま「これくらいじゃあ」と思って、飲み続けたら・・・・と思うと怖くなった。

また、新たな薬か・・・。

で、はい。リレンザもタミフルほどではないものの、やはり立ちくらみ等の症状が。

即、やめました。

で、翌日から激しく咳き込むようになり、肺炎か?と疑うほど。これも副作用???
再び病院へ行き、血液検査とレントゲンを。とりあえず、異常なしでした。

ようやく先週くらいに、親子ともども元気になりましたが、今週の月曜日にまた娘は発熱。
はりきっていたリレー大会(年長だけの行事)に参加できず、残念でした。


と、簡単にたまった報告をしようと思ったのに、インフルだけで、長文。
小学校5年生のときに、発表のたびに、担任の先生に「簡潔にっ」と言われていたのが
頭をよぎります・・・。

とりあえず、こんな感じで、文字だけでも近況をUPしていきます。
なんせ、PCが重くなっちゃって、写真UPにすごく時間がかかるようになってきたのでした。
メモリ増やせばよいのでしょうが、我が家のPC古すぎて、対応商品を探そうとPCの型番入れても
「ありません」となっちゃいます・・・。
[PR]
by peartree22 | 2010-03-12 18:51 | ひとりごと