あっち・こっち・らっき☆

openaizu.exblog.jp
ブログトップ

梅仕事で 時間をかける贅沢とじっと見守ることと

実家の梅が今年は豊作となりました。

5月末の週には大きめの梅を3キロほどもらってきて、
梅酒、梅味噌、初挑戦なる梅ジュース(黒砂糖で)を。

梅ジュースは、月刊「クーヨン」の連載 「かるべけいこさんの身土不二のおやつ」で知りました。
「梅酒は大人の飲み物だよねー。あーちゃんのは?」という娘の声もあり、
かるべさんの「この梅ジュースは、じっくり時間をかけてつくっているので酵素がたっぷり。
胃腸を丈夫にしてくれて、毒素を流してくれます」というのにも惹かれたから。

幼稚園に通うようになって、どうしても流行り病が気になります。
今も年少さんのあるクラスでは「嘔吐下痢」が流行っているとか。
こうした美味しい飲み物で、しかも免疫力がつけば、鬼に金棒!

それぞれ1キロずつつけました。
b0002142_15355870.jpg


梅酢味噌に使ったのは、Oisixで知った「甜菜糖のグラニュー糖」です。

1週間たって、すっかり暑くなり、梅も黄色く熟してしまった・・・というので、
今度はこちらで梅ジャムに挑戦。一緒に最近とんとご無沙汰していた「酵母」もやってみました。
酵母の方は洗わず、さっと表面を布で拭いて、へたを取り、煮沸消毒した容器に。
梅酵母は難しいようなのですが、せっかくのオーガニック梅だし。
お料理にもいろいろ使えそうなので。
b0002142_15393089.jpg


残りの梅はジャムに。こちらも初挑戦なので、インターネットを参考にしました。
作り方は梅をさっと洗って、へたを取り、大きめの鍋で手で混ぜながらゆっくりと
煮ます。手を入れていて熱くなってきたら(50度くらい)、ゆでこぼし、新しい水を入れて
もう一度同様に。
b0002142_15425073.jpg


その後、種を取り除きます。

ところが、2回目の時にうっかり煮すぎてしまって、本当はもう少し実が硬めだったらよかったのですが、
もうとろとろな感じに。
そうなると皮の硬さが気になり、「もしジャムにした時に舌触りが悪くなって食べにくかったら・・」という
不安もあり、結局皮と実を別々に煮てみる事にしました。
b0002142_1545710.jpg


種を取り出すときに、あらかじめ皮を分けておき、もったいないので、漉して皮だけを別の鍋に。
皮だけだと300gほどでしたので、砂糖は120gほどに。

砂糖は甜菜グラニュー糖とキビ砂糖で。少なめにしたいので、味をみながら加えることに。
b0002142_15464278.jpg

b0002142_15465998.jpg


梅の香りってスモモのようで、部屋中がいい香りになりました。
思ったよりけっこう手間をかけることになってしまいましたが(これも私のうっかりのせいですし)、
これだけゆっくりと何かに取り組むというのは、娘の「幼稚園行きたくない病」の頃、
何も手につかなかったことを考えると、「贅沢」そのものです。
夫が娘を連れて外出してくれていたのも助かりました。
きっと娘は、「手伝いたーい」とうるさいでしょうから(笑)。

二つを分けてした結論は、「皮と実は分けなくて大丈夫」でした。
皮はやはりとろんとなって、皮のほうがジャムらしく、実の方は「ジェリー」のように。
でも、またそれはそれで、ジェリーの方は、かき氷などにかけても良さそうだし、
ケーキや料理にも展開できそうです。
b0002142_15503793.jpg



そうそう、1週間たった梅酒、梅酢味噌、梅ジュースは今こんな感じ。
b0002142_15512322.jpg
b0002142_15514574.jpg
b0002142_15515895.jpg


梅味噌はまだ実がしわしわではないので、混ぜてもうしばらく置けば完成でしょう。
問題は、梅ジュース。かるべさんのレシピによると、途中蓋を開けたりゆすったりすると発酵してしまうので、
そのまま5ヶ月くらい静かに寝かせるとか。
じーっと見守るというのは、なかなか難しいのです。
子育てとなんだか似ています。私はついつい口や手を出してしまうので、
この梅仕事を通して、少しは「じっと見守る」能力をつけたいと思います。
[PR]
by peartree22 | 2009-06-06 15:27 | ほっとけぶりクッキング